FC2ブログ
07≪ 2018/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-04-03 (Sun)
クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)の双子ファッション、セカンドヴァージョン。
twinpat-48.jpg
ロングの巻き毛とストレートのショートカット、左右対称のオッドアイ。
「ローゼンメイデン」の双子ドール翠星石と蒼星石のイメージにことよせて。

ひとつ意外な発見がありました。
今回使用した2つのウィッグ、実はおそろいで買った品ではないのです。ロングはLEEKE製でマロンと、ショートはBF製でカーキブラウンと呼ばれている色です。メーカーは別なのに、ほぼ間違いなく原糸は同じです。

ちなみにロングがクリスティーナで、ショートがクレオです。

twinpat-49.jpg
AR製の祈り手(レリアナ(AR/LF Ren)の持ち物です)で手をつないでよりそい、

twinpat-50.jpg
ふと身を反らし、

twinpat-51.jpg
また、見つめあい、

twinpat-52.jpg
ひざまずく。

ダンスシーンのような流れで撮ってみました。

twinpat-53.jpg
「お姉さま、とってもいいにくいのですけど…」
「なあに?」

twinpat-54.jpg
「アップになると御髪の乱れが…」
「……。わかっていてよ。わたくしの手入れが悪いとでも?」

twinpat-55.jpg
「いいえ。手入れが悪いのはマスターで…あ、いたい。そんなに強く握らないでください」
「せっかくきれいに終わるはずだったのに余計なことおいいだからよ」

きれいに終わらせるつもりだったんです。おかしいなあ。
スポンサーサイト
* Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

ハンドパーツ * by ラン子
手をつないだままでポージングが安定するのか、ドキドキでしたが、ツインパトはがんばってくれました。
これも双子ならではのシンクロ率?(笑)

ロング足ボディは超期待しています。

祈り手ですが、Neo Angel Region(http://dollsoom.com/japan/shop/intro_content.php?co_id=neo_index)のLittle Fairは、ボディの原型師がTFと同じ人らしく、ハンドパーツの形がぴったりなんです。
しかし、SOOMに合併される前のAngel Regionでの在庫がなくなって以来制作されておらず、新作のLFは、ボディもLittle Gem に変更されているので、再販はなさそうなのが残念です。
どうせ使わないなら金型をBFさんで買い取って……と勝手なことを思っています。

No title * by komo
双子スキーなので前回に続き、今回のお写真も私にはたまりません!
あえて髪形が違うのも衣装や顔立ちが際立って良い感じです*
動きも本当にダンスやミュージカルの一場面のような優雅な動きで目を引きます。
祈り手、いいですねぇ
こういうハンドパーツだけ、BFさんで販売してくれないかしら?といつも思ってしまいます。
ロング足ボディも販売になることですし、これからパーツ販売も充実していくといいですけどね。

個別記事の管理2011-03-19 (Sat)
いまだ予断を許さぬ状況が続いております。計画停電中なので、せめてもの節電対策に照明を使った撮影は控えております。

地震の前に撮ったままアップしていない画像がありますので、そのストックから更新をしようと思います。

クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)で、双子ファッション。
twinpat-42.jpg

お嬢さまと僕でビアンカ(TF Olive白SP)に、いつもはクレオに繋いでいるリトルJr.のボディを使ったので、代わりにクレオにTFのガールボディを繋ぎました。

おそろいのドレスと、メーカー違いで良く似た黒のロングウィッグ。

twinpat-43.jpg
ねえ?どっちがクリスティーナで、どっちがクレオか、わかって?
そんなの簡単ですって?
瞳の色ですぐわかる?

twinpat-45.jpg
お姉さま、あんなこと言われてましてよ。
ふふ、ならこうしましょう。
ええ、そうしましょう。

twinpat-46.jpg
これならどうかしら?
瞳の色も半分こ。

twinpat-47.jpg
どっちがクリスティ-ナで、どっちがクレオか、わかって?

つづきに、いちおう答えを。

答え:向かって左がクレオで、右がクリスティーナです。

アイ交換をしていて、わたし自身が判らなくなったらどうしようかと。
でも案外はっきりわかるものですね。

クレオはアイラインがアイホールの奥までしっかり描かれていて、リップがオレンジ。
クリスティーナは目元がクールで、リップがピンクです。

Return

* Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-30 (Tue)
クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)のお迎え記念、アリス的小話「アリスとうさぎ」後編。

twinpat-33.jpg
「その手段はポケットの中ですよ、黒いアリスの姉上さま」
アリス世界にいざなう、白うさぎの言葉にアリスは…。


twinpat-34.jpg
「いつの間に…私はこんなものをポケットに入れた覚えなんてない」

twinpat-35.jpg
「このみやげ物のせんべいみたいな出所不明の巨大クッキーがアリスのアイテムだと?」

twinpat-36.jpg
「アリスのアイテムになるかどうかは姉上しだい。アリス世界とはそういう世界でしょう?では、ボクは一足お先に。“遅れてしまいます”から」
「おい、クレオ?」

twinpat-37.jpg
「白うさぎは、アリスの前を走っていなければ、ね?」

twinpat-38.jpg
「ちょ、待てっ」

twinpat-39.jpg
パタン

twinpat-40.jpg
「……。わたしがアリスなら…?」

twinpat-41.jpg
「ふん、まったくめんどうな弟を持ったものだな」


****
最後にドアだけがぽつんと残った写真を置かないとオチにならないのですが、撮り損ないました。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

アリスもの * by ラン子
せっかくステキな衣装があるのに活躍させないのはもったいないですよね。
ところで、「小さくなるビスケット」がどちらのポケットに入っていたかが思い出せません。どっちでたっけ?

タイトル * by komo
アリスのお話は大好きです!
この2人、やっぱり衣装のコンセプトが同じアリスモチーフでいいなぁといまさら魅力を感じました。
単独も良いけれど、2人並ぶと物語を感じさせてくれる子たちですね。

個別記事の管理2010-11-29 (Mon)
本日クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)のお迎え日を記念して、前後編で。

twinpat-26.jpg
「クレオ、お前と目線が同じ高さになるのは久しぶりだな」
「誕生日だっていう理由でやっとボディを返してもらいましたから」
(※ふだんのクレオはカスタムハウスLJr.ボディに繋げています)

twinpat-27.jpg
「こんなに立派な衣装があるのに。ボディのせいでこれを着るのも半年ぶりですよ」

twinpat-28.jpg
「お前はまだいいほうだ。私なんか公式ASでメイクが直ってから着るのは初めてだからな」


考えてみたら、新旧合わせて制服以外の衣装つきでお迎えしたTFはこの双子だけでした。フル装備にするとイメージが固定されるので、つい…。


以下、アリス世界を背景に置いた小話の前編を。

twinpat-29.jpg
「ところで、この小さな扉はなんだ?」

twinpat-30.jpg
「アリス世界の断片…あるいは入口。呼び名はどうとでも」

twinpat-31.jpg
「この扉をくぐって不思議の国に行けとでも言うのではあるまいな?」
「さすが姉上。お察しがよろしい」
「バカな。こんな小さな扉に身体が収まるわけがない」
「その方法ならばすでにご存知のはずでしょう、姉上?貴女がアリスならば」

twinpat-32.jpg
「まさか…」
「ええ。その手段はポケットの中ですよ、黒いアリスの姉上さま」

(つづく)

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-08-31 (Tue)
8月最後の更新はクリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)の姉弟で。

twinpat-17.jpg
クレオのボディが小さくなったので、双子ではなく、1~2歳離れた姉弟のイメージ。

twinpat-18.jpg
「今年はこんなにたくさん立派な野菜が採れた。おばあさまにもいい土産ができた」
「…そうですね」
「どうした?浮かない顔をして」

twinpat-20.jpg
「明日には、おばあさまのところに行ってしまわれるのですね」
「おばあさまは目もすっかり見えなくなって、お耳も遠い。とても一人では暮らせない」
「それは…よくわかっています」

twinpat-21.jpg
「また冬に帰ってくる」
「……」
「クレオ、ちょっと立ってごらん」

twinpat-22.jpg
「去年はわたしの肩にも届かなかった背がもうこんなに伸びた」

twinpat-23.jpg
「手はわたしより大きいぐらいだ。いまはゆるいその靴も、次に会うころにはきつくなっているかもしれない」

twinpat-24.jpg
「もうすぐお前も一人前になる。だからそんな顔はするな」
次に会うときは、もう小さな弟ではないだろう。すがるように慕って後を追うこともなくなる。
弟に追い抜かれる寂しさは、姉の胸にだけ秘めて、せめていまは姉らしく弟を励まして。

twinpat-25.jpg
この駅を出れば、二度と帰らない夏は終わる。
そして新たな季節が始まる。

わたしの子どものころの愛読書は「安寿と厨子王」でしたが、リアルでわたしの弟への扱いを知っている人は決して信じてくれません。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。