04≪ 2018/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-01-24 (Thu)
ドールショウに行ってました。いつものように、カメラも持たず、人形も連れずにひたすらお買い物でした。
os-69.jpg
今回のお買い物の一つがF*Pさん製のハーフコート。モデルはオスカー(TF Louis白ST)。

os-70.jpg
TFならだれでも似合いそう。型紙が良く、生地選びもデザインもTFの個性をよくわかっていらっしゃる人の作だと思いました。コートに合わせて、インナーとボトムスもモノトーンに。

os-71.jpg
オスカーは人を寄せつけない雰囲気がありますが、片目が隠れるウィッグにするといっそう近寄りがたい。彼自身も冬をまとっているような。

os-72.jpg
光線も冬そのもの。
昼間、南向きの窓から少し離れた場所で、補助灯に天井の蛍光灯も点けての撮影です。
その季節にしか撮れない空気があるのです。
スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 02 TF Louis白ST(オスカー)
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

komoさま * by ラン子
コーディネートによっては、レトロにもモダンにも使えそうです。
当日は、F*Pさんのところにうかがったのが遅くて、Jr.サイズの千鳥格子柄のコートも素敵だったのですが、売り切れでした。

タイトル * by komo
F*Pさん製のコートを着こなすオスカー君、雑誌の表紙になりそうな出で立ちですね。
カジュアルだけどフォーマルな雰囲気も合わせもったコートはいろんな子に似合いそうです。
さん、F*P最近はJrサイズもおそろいで販売してるので、目移りして困ります。

個別記事の管理2011-06-14 (Tue)
今年は正月からプライベートでも全国的にもいろいろありすぎて、各ドールのお迎え記念日更新をやめていましたが、ファーストTFであるオスカー(TF Louis白ST)が来た日の今日だけは。

os-65.jpg
なんどか書いている話を繰り返して恐縮です。
数あるTFの中から初めての子にルイを選んだ理由は、いまでも大好きなアニメ「電脳コイル」のハラケンに似ていたから、でした。
結局ハラケンの役はノーマルスキンのルイ、研一(TF Louis)に引き継がれましたが、当初は彼をハラケンに見立てるつもりで始発電車で浜松町まで出かけていったのでした。
(しかし、ドールイベント会場でこの子を見たとたんに、ハラケンにしなくてもいいから欲しい!とみなぎってしまって、あっさり目的がすっ飛んだのであります)

記念日ぐらいは、当初の目的どおりにハラケンに見立ててみようかと。

元作品をご存じない方は置いてけぼりですみません。でも、ご存知の方から見て似てるかというと…どうなのでしょうね。


os-68.jpg
DVD5巻のパケ絵がこんな。…だったはず。

os-67.jpg
しょーこりもなく、また新しくウィッグを買ったのです。Leekeの限定色ロイヤルカーキ、型番はW120。
公式サイトの写真の印象は、グレーとブラウンをミックスしたような、黒髪だけど漆黒じゃない、ちょうどハラケンの髪色に見えたのですが…撮ってみるとグリーンが強く出てますね。

os-66.jpg
すでにカットしてあります。それでもまだ前さがりが長かった。
というより、前のLuts製のほうがハラケンぽかったのじゃないかしら…もうカットしちゃったのに。

よりハラケンらしくなるかもと思うと試さずにはいられないのです。

ハラケンらしい髪型を作るためにジャンクにしたウィッグは計8個。
アイも3回交換。シャツも2枚目です。ゴーグル型の電脳メガネは手製です。(これも10個ぐらい失敗した)

わたしはどこまでハラケンを追いかけるのでしょうね。

Return

* Category : 02 TF Louis白ST(オスカー)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-03-31 (Thu)
うさちび工房さまに制作していただいたドールハウスは、さまざまな工夫が施されています。

os-57.jpg
特に工夫を凝らしていただいたのが、照明を間近で当てても反射しない仕上げでした。

os-64.jpg
じっさいの照明との距離。近接してます。

壁紙はマットなものをとお願いしたところ、腰壁の壁紙は、光を当てても反射しないかどうかわざわざ実験してくださいました。

床や柱など、木部は光沢の出る水性ニスを避けて油性ニスを数回塗りこみ。また、廊下と部屋とでニスのカラーを変えてもらいました。
しかも床板は1~3センチ幅の板を乱張り。大変な手間がかかっています。

付け柱がある内装の場合、木部をもっと濃い色の仕上がりにするとレトロなお屋敷っぽくもなるのですが、床が暗い色ではあまりきれいに人形が写らないだろうと、明るい色のニスを指定しました。

os-58.jpg
そんな素敵な家に、椅子を持ちこみ、真ん中に置いたオスカー(TF Louis白ST)。

os-59.jpg
家具の配置をあれこれ考え始めた模様。

os-60.jpg
ロングソファーを横置きとか…。でもこれ置くと棚の置き場所に困るな。

os-61.jpg
ソファは小ぶりにして、壁には本棚と小物入れがいいか。

os-62.jpg
うーん…。

os-63.jpg
などと思案していると、あっというまに日が暮れる。
* Category : 02 TF Louis白ST(オスカー)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-03-08 (Tue)
I・Doll 31に参加された方々のレポを拝見すると、会場の熱気と興奮が伝わってきます。TFの新顔Robinの写真や、制服勢ぞろいの展示など、目を引くものばかりです。そしてTFに身体に関するあのウワサに、絶大なる期待を抱いております。

同じく3月6日は、我家のドールたちにとって非常にエポックメイキングな出来事があった日でありました。
os-46.jpg
家ができたのです。
スチレンボード製の背景セットではなく、木でできたドアも窓もある、しっかりとしたドールハウスです。

制作して下さったのは、うさちび工房さま。
ふつうドールハウスは1/6サイズが上限なので、ダメモトで1/4サイズでの制作は可能ですか?と伺ってみたら、可能ですとのお答えをいただき制作をお願いしました。

この新築の家に最初に足を踏み入れるのはだれがいいか考えて、マイファーストTFのオスカーになりました。彼をイベント会場から連れ帰らなければ、1/4ドールの世界に入ることはなかったでしょうから。

os-47.jpg
ドア越しに、新しい部屋をのぞく。

os-48.jpg
そっとドアノブに手をかけて。

os-49.jpg
一歩踏み入る。

os-50.jpg
新しいものが放つ輝かしいオーラに、しばし呆然。

os-51.jpg
柱の感触を確かめる。

os-52.jpg
新しい窓から見える空は、いつもの空とは違って見える。

os-53.jpg
うん。気に入った。
どんな家具をどこに置こうか。
楽しくも悩ましい作業が始まるその前に、このがらんどうの空間をひとりじめ。


つづきに、家が届いた時の写真があります。

宅配便で届いたのは前日の5日だったのですが、なにせこの大きさ…。(自分で注文したサイズなのに)
梱包もさぞかし大変だったことでしょう。
dollhouse1.jpg
玄関からでは入りそうになく、縁側から入れてもらいました。人形のある部屋まで一人では運べずに家人の体が空くのを待って運ぶのを手伝ってもらったので、開封とセッテイングは翌日になった次第。

梱包をはがしているところ。
dollhouse2.jpg
大きさは外寸で、横幅935ミリ、奥行570ミリ、高さ622ミリ。スタジオに乗るギリギリの大きさまで欲張りました。正面に出窓2枚、向かって右側面にドアと仕切り壁、廊下のある家です。
分解はできません。

Return

* Category : 02 TF Louis白ST(オスカー)
* Comment : (1) * Trackback : (-) |

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2010-06-14 (Mon)
os-40.jpg
大長編に押されて間に合わなくなるところでした。
本日6月14日は、最初のTFであるオスカー(TF白Luois)を我家に連れ帰った日です。
わたしが初めてドールを自らの意思でお迎えした日でもあります。(蒼星石は贈られたので)

no.jpg
いまだにその時の整理券をとってあったり。
始発で家を出るなんて、前にも後にもあの時だけでした。

os-42.jpg
今回の背景は変わり種の包装紙。光沢ありなのでところどころ反射しています。宮殿の大広間のイメージでしたが、周りにカーテンでもおろさないと寂しいですね。

os-41.jpg
1、2枚ちょろ出しして記事にするタイミングを逸していた王子服。
ディーラーさんの1点もので、ネットショップが開く5分前からPCに張りついて、リロードボタンを押して押して押しまくって瞬殺したのでした。

os-43.jpg
細部まで装飾が施されたたいへん凝った作りで、背中もこんなにゴージャス。

os-44.jpg
ロングジャケットの前を開くと、赤いベストがきらびやか。
(TFってごくたまに、いままさに一歩踏み出さんとする瞬間のポーズでふっと止まりますよね)

os-45.jpg
淡くてもきりっとしていて、甘くないのがホワイトスタンダードメイクの特徴。
ずっとずっときれいでいてね。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 02 TF Louis白ST(オスカー)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。