FC2ブログ
09≪ 2018/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-08-27 (Sat)
背景布のSサイズ(幅0.5m、長さ0.9m)にTFを乗せるとこうなります。
sh-65.jpg
東○ワール○スクエア…

sh-66.jpg
全体。
絵柄にもよりますが、TFなど40センチ級にはMサイズですね。

Sサイズに1/6ドールを合わせたレポは、少年探偵は永遠の弟に載せました。ご興味のある方はどうぞ。
スポンサーサイト
* Category : 撮影用背景
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-08-09 (Tue)
やっと回復しました。
ヲタクの夏祭りのもろもろは5日に収束したのですが、ぶり返した酷暑が疲れた身体にほとほと堪えまして、折り畳みベッドを動かしてスタジオをセッティングする気力が戻るまでにだいぶかかりました。

ng-22.jpg
以前から撮影背景用の布を販売していたSENで、小さいサイズのものが出たので、ためしにMサイズとSサイズを一枚ずつ頼んでみました。
これはHD0224-D-2141、Mサイズ。幅0.6m、長さ1.2mで、TFたち1/4クラス用です。
撮影モデルは、身長が約43㎝(※)のTFボーイボディ白肌の渚(Gus)です。

(※TFボーイはヌード計測では41.5㎝です。ウィッグと靴を履いた状態では43㎝弱ぐらいでしょう)

以前の大判はどう見ても縮尺が1/3クラス用だったのですが、これもシャンデリアと電灯の高さが低すぎておかしいですよね。

ng-25.jpg
上の写真のトリミング前の全体図。(斜めですみません。ふだんはトリミングでマシに見せているのです)
無意識に壁と床の境界(布のだいたい半分ぐらいの線)で折ったのが縮尺が合わない原因でした。
もっと上に持っていくと良かったのでしょう。
それにしても、ちょっと縮めすぎ?

ng-23.jpg
俯瞰。
それなりに撮れていますが、立体の人形と違って、背景布は二次元絵なので、あまり角度はつけないほうがいいのだろうと思います。

ng-24.jpg
20㎝ぐらい離した画像。雰囲気が変わってきました。

ng-26.jpg
35㎝ぐらい離してみると…

ng-21.jpg
だいぶ収まりがよくなりました。
ある程度離すほうがいいみたいです。

ng-19.jpg
間近に置いた時のアップ。
わたしのカメラはコンデジ(ペンタックス X-70)なので一眼に比べれば高精彩には撮れませんが、それでも人形と背景布を接近させて撮ると、写真を引き伸ばして印刷したドットの粗さは拾います。

ut-60.jpg
参考に1/6サイズで。
えっくす☆きゅーとXS少年ボディ(約21㎝)のゆうたで、こんな感じ。
巨人のお城に迷いこんだ少年のようです。
ゆうたは、1/6でも小柄なので余計にギャップが出ますが、やはり1/6用の縮尺ではないようです。

しかし、1/6の子を置いてみても、壁の高さそのものが変な気が…。元の写真がよほど離れて撮ってあるのか、遠近法の妙なのか。
今度また折る位置を変えて試してみます。
* Category : 撮影用背景
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-01-25 (Tue)
100均グッズで背景を作る、最終回の今回は、オプション編です。
baramado-15.jpg

基本は、3面の壁が作れればいいのですが、のっぺりとした一面変化のない壁だけだと、ゆがみや反りで床板との隙間が見えて気になることがあります。

そこで、壁と床の境界に余ったボードを利用して、幅木を足しました。

baramado-13.jpg
足したグッズは、エンボスシートのダークブラウンです。

余りのスチレンボードを、約2.5センチ幅に切り、正面用1本(78センチから側面腰板の厚み1センチを引いて77センチ)、側面2本(各45センチ)にそろえます。

baramado-14.jpg
正面ボードの長さには足りなかったので、テープを貼り、継ぎ足し。どうせ裏側なので見えません。
エンボスシートを5センチ幅に切って、それぞれボードに巻きつけて貼ります。

あとはコの字に組み立てて、裏からテープで固定するだけです。

baramado-16.jpg
さらに追加オプション、柱。
OPPシートの芯棒に、余ったOPPシートを巻きつけたものです。(2本使っています)
洗濯ばさみで止めています。

ちょっとゴージャスな雰囲気に仕上がりました。

ちなみに床板も、ダイソーで売っている大理石模様のインテリアシートをボール紙に貼ったものです。

こちらで紹介したグッズがひとつの店舗でそろうかどうかはわかりません。
そんなに耐久性もないです。
ですが、だいたい壊れてくるころには飽きる程度の出来です。

ドールハウスをちゃんと作ろうとすると、大変な手間とお金がかかります。
そこまではしなくても、ちょっとバリエーションが欲しい時にはいいのでは?と思います。

長々お付き合い、ありがとうございました。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 撮影用背景
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

No title * by ラン子
komoさま

真似っこ大歓迎!です!
使いやすいようにアレンジしてください。
柱に金色のテープをらせん状に巻きつけるとさらにゴージャスになりますよ。
このサイズで、TF5,6人ぐらいまでは動きのあるポーズでの撮影ができます。
集合写真なら10人以上でも。

No title * by komo
100均グッズでもここまでしっかりしたものが出来上がるのですねー
感心いたしました。
柱が加わると豪華な感じの部屋になっていいですね。ぜひこれは真似させていただこうかな*
今はまだ部屋が狭くてセットが小さめなんですが、いつかこのぐらいのサイズのセットでうちの子みんな並べて撮ってみたいなぁと思います。

個別記事の管理2011-01-24 (Mon)
第2回は、ステンドグラス風の窓を作ります。
baramado-12.jpg
ボードを立てたところ。
このように、OPPシートの端っこは両面テープではなくて、普通のテープでボードの外側に巻きつけてしまったほうがたわみません。

baramado-8.jpg
シートを窓の外枠に沿って台紙ごと切り抜きます。

baramado-9.jpg
シートを引っくり返し、カッターの刃をそっと当てて、約5ミリ(窓枠の黒より短い幅)ほど、台紙だけを切り取ります。

baramado-10.jpg
4辺同様に台紙を切り取ります。

baramado-11.jpg
好きな位置に貼ります。

窓の内側の台紙を残すことで、貼ったりはがしたりが簡単になります。
また、下の壁紙の模様が透けて見えることを防ぎます。

注:わたしが買った時には台紙は白でしたが、先日見かけたときには透明なものになっていました。
その場合、台紙の下にさらに紙を貼るか、あるいは台紙の代わりに内枠サイズに切った紙を貼っても。

ch-11.jpg
この背景セットも同様にOPPシートとステンドグラスシートを使って制作しました。
OPPシートの色がブルー、ボードが白です。ボーダーシールを貼ったら、たわんでしまって。
こちらのステンドグラスシートは、台紙を全てはがして、わら半紙を貼っています。

次回、オプション追加編です。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 撮影用背景
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-01-23 (Sun)
久しぶりに新しい撮影セットを制作しました。
ll-15.jpg

100円均一ショップ・ダイソーにあるものだけで背景セットを作ってみようという試みです。

使用した基本材料と道具です。(後からオプションで追加した材料があります。これは回を改めて紹介します)
baramado-1.jpg
スチレンボード 60センチ×90センチ、赤 2枚(これは1枚300円です)
OPPシート 白、落水模様 1枚
インテリアシート ステンドグラス風 1枚
透明幅広テープ 1巻

道具は、定規、カッター、ペン、両面テープ、マスキングテープを使いました。自前です。

以下、制作レポです。ご興味のある方はどうぞ。

baramado-2.jpg
まず、スチレンボードをセットの大きさに合わせて切ります。

1枚目は、長いほうを少しだけ切り落として60センチ×78センチに(以降正面ボードと呼びます)
2枚目は、長いほうを半分に切って、45センチ×60センチの板を2枚に(以降、側面ボードと呼びます)

この3枚をコの字に組んで、高さ60、幅78、奥行45センチのセットにします。

わたしの場合は、多人数に対応できるよう、なるべく大きなサイズに作っています。
そこまでの面積は必要ない、L字で充分という人はボードは1枚でも。

スチレンボードをきれいに切るコツは、一度でざっくり切ろうとせず、力を入れずに何度も刃を当てることです。いっぺんで切ろうとして力むと潰れます。

baramado-3.jpg
幅広透明テープを、正面ボードの60センチの長さのへりに、幅を2.5センチほどはみ出して貼ります。
テープの粘着面が上になるように正面ボードを置き、その上に側面ボードの1枚を重ね、ヘリを合わせます。

baramado-4.jpg
重ねた状態のまま、はみ出している透明テープを直角に折り、へりにしっかりと貼り付け、最後に側面ボードの側に折り、貼り付けます。
豆本の本体の背を強粘テープで貼り合わせるのと同じ要領です。
反対側も同じようにテープを巻きつけます。

baramado-5.jpg
正面ボードと側面ボードのへりにくるりとテープを巻きつけることによって、透明テープが蝶番の役割を果たします。(使わない時に折り畳むことができます)
材料に透明テープを指定しているのは、普通のガムテープではわずかな隙間からテープの色が見えて汚く写るからです。(一度失敗しました)
この作り方で制作される場合は、必ず透明テープをご用意ください。

baramado-6.jpg
側面・正面・側面の状態に貼り合わせたボードを開いて、その上にボードより少し長めに切ったOPPシートを、マット加工されている面を上にして重ねます。
OPPシートの特徴は、片面がつるつるで、片面にマット加工が施されていることです。
マット加工があると反射を気にしなくて済みます。

すかし模様になっているので、ボードの色が下から透けて、奥行のある壁紙になります。
今回は、白の落水模様と赤のボードを選びましたが、お好みでいろいろな組み合わせを。市松模様もあります。

baramado-7.jpg
スチレンボードの上下に、適当な間隔で両面テープを貼ります。正面ボードと側面ボードの境界はテープを貼ったほうがきれいに出来上がります。

OPPシートを接着する面の台紙は、OPPシートを重ねて仮止めするまではがさないでください。

次に、OPPシートをぴんと張り、端をマスキングテープで止めます。
OPPシートのほうが、ボードより内側になりますので、強めにかつなるべくまっすぐに引っ張ってください。
わたしは床に直接貼り付けていました。
OPPシートがゆるまないように注意しながら、そっと両面テープの台紙をはがします。

最後にシートの左右の端をボードに巻きつけるようにしっかり貼ります。左右の端は片面テープのほうが貼りやすいです。

これで壁板は完成です。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 撮影用背景
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。