04≪ 2018/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-08-05 (Mon)
暑苦しい画像ですみません。

ss-59.jpg
仕立ての良いスーツを着た紳士が、大きな熊のぬいぐるみを抱えていると、どんなドラマを想像するかなと。

つづきは後日。

*****************
まさか1月後とは…なんだかすみません。つづき入れました。

ss-60.jpg
スーツを着た男性が、1人で大きな熊のぬいぐるみを抱えていたらどうしたって好奇の目で見てしまいます。
一目で上等の生地とわかるスーツなら、なおさら。
どうしたのかしら、あの方、いい年でしょうに…

ss-61.jpg
でも、熊にリボンがかけられていたら?
ああ、きっとリトルレディに贈り物なのね。
年の離れた恋人か、幼い娘か、それとも親戚のお嬢さん?

ss-62.jpg
プレゼントされる人はお幸せね。
きっとあんな風に愛おしいまなざしで優しく抱きしめてもらえるのでしょうね。

ss-63.jpg
…ねえ、でも、待って。
あの紳士がだれかといっしょにいるところを見たことがあって?

ss-64.jpg
「ご想像に、おまかせしますよ」

ss-65.jpg
真相はドアの中。

Return

スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-10-29 (Mon)
宗介(DZ/Ray)。
ss-56.jpg
めいっぱい俯瞰で撮ってみました。

DollZoneのボディはTFよりも上背を反らして立つポーズで安定しやすいのですが、それでも漫画に比べると角度は浅いです。これ以上上から撮ると顔が写らなくなるし。デフォルメしているのを差し引いても、漫画やアニメは大胆な構図を使っているのだなと感心します。

一時期、人形写真を下絵にしてコンテを切れば漫画が楽に描けるのではないかと考えていました。(なにせ立体の把握ができないので)けれどもそうしてできたものは、漫画としての迫力には欠ける画面構成になるのでしょうね。

ss-57.jpg
視線もあげて。

ss-58.jpg
アイ位置を戻して撮るべきでした。
白とび気味でも美しいエステベベさんのリップメイク。艶やかなのに甘くない。


*ドールに関係のないつぶやき*
確かに「予想の斜め上を行く」発表でした。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-05-05 (Thu)
子どもの日になんつータイトル…。内容も時季ハズレで。
拍手レスが遅れに遅れたおわびを兼ねて、宗介(DZ/Ray)で久々に兵部見立てです。

ss-51.jpg
衣装設定が学ランなので、学校にいてもおかしくないですのですが、実年齢はかなりなお人なのです。
可愛がっている子どもたちの卒業式前日にこっそり学校に来てみたとか、原作をご存知の方は、15巻あたりのイメージで。

ss-52.jpg
子どもの机と椅子は改めて見ると小さい。かつて自分もこの小さな椅子に座っていた時代があったことが信じられないほどに。

ss-53.jpg
けれども、子どもが、子どものまま小さな椅子に座っていられるのは、ほんのわずかな時間だけ。

ss-54.jpg
この椅子が窮屈になった子どもたちは、ゆりかごから放り出されて、世の中の悲しみに染められてしまう。

ss-55.jpg
白く輝く翼が緋色の悲しみに染まるのを、僕に止めることはできるのか?
ただそれだけのために、生き永らえているというのに――。

つづきに拍手レスです。

>4月26日にいただいたSさまへ
レスが大変遅くなりまして、すみませんでした。
アニメで、原作とは別の魅力を感じたキャラは兵部でした。声優さんは、放送前にこの人が兵部だったら…と思っていた人だったのでとてもうれしかったものです。
いつか…の野望、実現されましたらぜひお知らせくださいね。

Return

* Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-02-27 (Sun)
ss-46.jpg
前回の渚(TF Gus 白)と同じウィッグ・アイ・タキシードでコーディネートしても、宗介(DZ/Ray)ではまったく雰囲気が異なります。(血縁関係の設定は絶対にないな、という)

ss-47.jpg
一糸乱れぬ着こなしと立ち居振る舞い。

道具立てが全体に小さいので、お屋敷の母屋ではなくて、敷地の端にある小さな離れ、あるいは裏庭のイメージでセッティングしました。

ようやっとこのLEEKE製LR-40のウィッグの特徴が理解できました。
ヘッドの相性が合えば、耳が自然に出るようにカッティングされているのですね。
ss-48.jpg
宗介は目の彫りが深いので、明るめのカラーのアイでないと色がでにくいのですが、ブルー系の髪にグリーンのアイは現実離れしすぎますね。

ss-49.jpg
グリーンアイなら金髪系と、ためしにBFで買った6-7インチのシャギーを被せたら苦もなく入りました。
DZのヘッドは頭頂部が絶壁なので、TFが入らないサイズでも入るのです。うーん構造の不思議。

ss-50.jpg
バラとフェンスの位置を変えて。
窓の内側から光が透けると隠れ家レストランとギャルソンのようにも見えて。
ノータイだから、日が落ちかけたディナータイム前の準備時間でしょうか。

この白壁に窓のはまった背景は、古くなったボードやたまたま手に入れたデッドストック品を使ったリサイクル品で、制作過程を記録していないのですが、いずれ簡単に説明したいと思っています。
* Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-14 (Sun)
宗介(DZ/Ray)のお誕生記念、2日目。

ss-38.jpg
冷たい時雨をたっぷりと含んだ鈍色の雲が低く垂れこめる日が2日も続くと、“彼”がやって来る。

“冬”だ。

ss-39.jpg
「よお。今年は夏のヤツがあんまり居座るから、秋の巻き添え食らってオレも干されちまうかと按じてたが、ちゃあんと季節は巡ってくるんだな。今年は上物をそろえてきたぜ。きっと気に入る品があるだろうさ。さっそく商談といこうか」
“冬”はいつも小ぶりの鞄ひとつをたずさえて現れ、私が断るいとまも与えずに品物を拡げてしまうのだ。


ss-40.jpg
「まずは冬の定番、マフラーだ。あ?そんなもの売るほどある?これをどこにでもあるマフラーと同じと思ってもらっちゃ困るね。こいつは貧しくて絵しか取り柄のなかった少年が、不幸に不幸を重ね、いまわの際にやっと見たくて見たくてたまらなかったルーベンスの絵を見て愛犬と息を引き取った時に巻いていた物なんだぜ?」

ss-41.jpg
「なら、娘さんにこのりんごはどうだ?継母の嫉妬という毒がたっぷり盛られてる。運良く王子様が通りかかれば一生お城暮らしだ。運良く、な。おっと王子はオプション外だぜ?ならかぼちゃの馬車かガラスの靴がいい?あれは商売違いだ、かぼちゃは夏の食べ物だろう?互いの領分は侵さない、これだけは鉄則なんだ」

ss-42.jpg
「もっと幸せなものがいい?ならクリスマスだな。ずい分小さいって?そりゃそうだ。これはクリスマスの晩にひとりで天に召されるための死神のブローチなんだから。いちばん幸せな死に方だと思うがね」

ss-43.jpg
「あんたも存外ぜいたくだな。けど、これだけは買ってもらわなきゃ困るぜ?もっとも、困るのはオレじゃなくてあんただが。来年の手帳?オレに“新年”の商売を手伝う義理なんてあるわけないだろ?こいつはあんたの今年一年の悪行が記録されているアルバムだ。ここで買い損なうと、歳末セールに出されてだれに買い叩かれるかわかりゃしない。どうする?買うか?それとも有料で処分してやってもいいぜ?買い取って反省の種とするか、きれいさっぱり忘れちまって今年を終わらせるか、好きなほうを選ぶんだな」

ss-44.jpg
こうして要りもしないものを必ずひとつは売りつけて、“冬”は次の街へと去ってゆく。

ss-45.jpg
相棒であるはずの鈍色の空を敵のように睨みあげ、南へ南へと。
冬が終わるまで――。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。