01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-04-30 (Sat)
金髪か銀髪、淡い髪色を使うことが多いレリアナ(AR/LF Ren)に、赤毛のモヘアウィッグを。
ll-24.jpg

ll-25.jpg
黒のジャケット、赤のネクタイ、チェックのプリーツスカートで、海外ドラマに出てきそうなハイスクール女子。

ll-26.jpg
「ハイ!新聞部のレリアナです。いつもはインタビューする側だけど、今日は私自身について語ります」

ll-27.jpg
「将来の夢は、やっぱりジャーナリストかな?フリーで、世界中を駆け巡るの」

ll-28.jpg
「このカメラ、いいでしょ。バイトして、お小遣いためて、やっと念願の一眼レフが買えたの!」

ll-29.jpg
「今度の長期休暇はこのカメラを持って小旅行に出るつもり。わたしの眼でしか見えない世界を切り取ってくるわ」

ll-30.jpg
「撮って撮って撮りまくるんだから!休暇明けのレポ、期待していてね」
スポンサーサイト
* Category : 07 AR Ren Girl(レリアナ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-01-30 (Sun)
新しい背景を使っておとぎ話風。レリアナ(AR/LF Ren)で。

ll-16.jpg
昔、西に海に、三方を山に囲まれた小さな国があった。王さまもお后さまも心優しく国民から慕われていたが、流行り病で相次いで亡くなってしまった。その隙に、西の海から来た海賊と密かに通じた大公は国の乗っ取りを企み、一人残された姫さまを塔に閉じこめてしまった。

ll-17.jpg
大公は毎日姫を訪れ、息子との結婚を迫る。しかし、お姫さまは「お父さまとお母さまの喪が明けるまではだれとも結婚する気はありません」と首を縦に振らない。焦れた大公が「結婚を承諾しなければ一生籠の鳥だぞ」と脅しても、すましかえったお姫さまは、顔色ひとつ変えなかった。

ll-18.jpg
重い錠前がおりて、大公たちが去っていく足音が聞こえなくなると、お姫さまは宝箱を開ける。

ll-19.jpg
宝箱には、美しい宝石もドレスもおつきの女官も取りあげられたお姫さまがひそかに持ち出した亡き父君の形見が眠っている。
ll-20.jpg
お姫さまは喪のドレスをするりと肩から落とす。外の足音に注意しながら…。

ll-21.jpg
そして、お姫さまは悲しみにくれる黒衣の姫君から白百合の騎士に変身する。父君が太子だったころ、身分を隠して街を視察するためにひそかにあつらえた装束を身にまとって。

ll-23.jpg
純白のマントをはためかせ、今日もお姫さまは秘密の通路を抜けて街へと出かけてゆく。悪政に苦しむ国民が白百合の騎士を待っている。

ll-22.jpg
必ずこの国を取り戻すと、鉄よりも硬い決意を胸に秘めて。


*****
アニメ版「リボンの騎士」が、タイトルどおりリボンの騎士だったあたりのエピソードが好きでした。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 07 AR Ren Girl(レリアナ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-06-22 (Tue)
「ようこそ、わが国の叡知の中枢、宮廷図書室へ。小国なれども蔵書量は大陸随一。いかな貴重書もすべてここに集まれり。これぞわが国の最大の誇りなり」」
ll-12.jpg
背景布を選ぶときに、自分では絶対に作れないゴージャスさと奥行の深さがあるものを1枚は選ぼうと。でもってわたしは本の群れに弱い。
その条件を満たしたのがこれでした。
(端っこが接写向きのカメラの特性でゆがみまくり。どうしてフォーカスを絞ったのか。しかも、床にテープで固定していなかったから風でゆらゆら…)

ll-10.jpg
あおっても天井が切れません。

ll-9.jpg
そしてエステベテさんで生まれ変わり、背景のゴージャスさにも負けない顔のレリアナ(AR/Ren)。
ピンで彼女を扱ったのは紹介記事依頼でした。…むやみにシロウトがメイクしたばかりに…。
きりっとして派手な顔立ちは、男装もよく似合います。(河惣益巳的

ll-11.jpg
「さあ、おいでめされよ。わたくしがご案内いたそう。きっと迷ってしまわれるだろうから」

ll-13.jpg
「道に?否。知識のるつぼに」
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 07 AR Ren Girl(レリアナ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-02-07 (Sat)
紹介の順番が前後してしまった。
クリスマスに1日遅れてやってきた7番目は白いレディ。

レリアナ


*****DETA****************************************

Angelregion Little Fair Ren 白肌
   メイク: 唇以外カスタム
   ア イ: デフォルト?
   ボディ: girl
   お迎え: 08年12月26日
   名 前: レリアナ

*************************************************

スレンダーなボディと気丈で純潔なイメージからしばしジャンヌ(ダルク)と仮称されていた。白百合のごとく匂い立つ高貴さを感じ、名前はユリの学名Liliamの語源と言われるギリシア語Leilan(白い花の意)を少々もじった。文法は間違いなく間違っておろう。ユリの種類のどれかを候補に探していたが、カサブランカ・カサンドラといかにも強げなので原義に戻った。

TFシリーズとボディの原型師が同じと言われるAngel Regionのリトルフェアの存在はずっと気になっていた。中でも、Renのきりりとした顔つきに魅了されていた。年末8209空間(yh…)で里親募集があり、かっとなってポチ…。詳しい来歴は尋ねなかったが、前のマスターのところで過ごした年数はそこそこ長い模様。ボディ全体に黄変があったのを少し磨いた。

紹介が遅れたのはひたすらメイクをリテイクしていたから。元のメイクは「ソウルメイトレン」という限定だった。
メイク前
あたら美人をなぜ?

男の子としてメイクされたヘッドらしいが綺麗で唇の色味は女の子にしても違和感はない。
それは気にならなかったんだが…。
下睫毛のアイラインと眉の角度がきつすぎる。ウチはTFのノーマルメイクの子が多いから、ゴスっぽいメイクが浮いてしまう。

眉を落とせば上瞼のアイシャドウ・アイラインも取れてしまう。直したいところだけ直すというわけにはいかず、唇の色以外は全て落としてメイクした。
初めてのカスタムメイク。

途中これで完成のつもりで写真を撮った。1月25日の集合写真は前メイク。
フレア
この時、名前の第一候補はユリの紋章からフレアであった。「リヨン伝説…」がチラっと頭をよぎって以来、抜けなくなって……。
それはともかく。
この写真では白飛びしてわからないが、頬紅がきれいに乗っていない上に濃すぎた。ショートカットのウィッグを被るとメリケンパンクなヒールキャラお姉さまになるので、また2月に入って直した。今度こそこれで決定…と…思いたい…。たい?

うわ、ひでーなこりゃ、ってほど悲しい出来じゃないよね?
この器用貧乏さが不幸を呼んでいるわね。どう逆立したってできないってレベルなら、リメイクをあきらめてありのままを受容できるものを。

全身。白飛びしまくっている。
ロングドレス
前のマスターが持たせてくれたAR製なのでよく似合う。シスター風。

ロザリオ持たせてみた。ヘッドドレスってどうやったら綺麗につけてあげられるのか。
神の光に包まれて
「マリ見て」の聖さまもいけるんじゃないかと密かに企んでいたりいなかったり。


Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 07 AR Ren Girl(レリアナ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。