08≪ 2010/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-30 (Thu)
オフィーリア(TF Sarang白眠目)とレリアナ(AR/LF Ren)で、ディア マイ ボス(前編 後編)のアナザーストーリー。
(ドールタイプで分けるとカテゴリーがバラバラに…)

居心地のいい場所。それはあの人のいる場所。
lloph-1.jpg
「また来ていたのかい、オフィーリア。いくら婚約者の職場だからって、ここに来てはいけないといつも言っているだろう?」
「平気よ、ちゃんと安全な道筋を覚えたもの。それにまだ昼の2時よ」

lloph-2.jpg
「さっき大丈夫だった道が、次も安全とは限らない。ここはそういう場所なんだ。ヒカルが帰ってきたら送らせるから、すぐにお帰り」
「わたしはヒカルに会いに来たんじゃないわ」
「だってヒカルはキミの婚約者…」
「そんなの親が勝手に言っているだけ!ヒカルだって承知していないわ。今日こそ絶対にお願いを聞いてもらいに来たの」
「オフィーリア…」

lloph-3.jpg
「ねえ、お願い、わたしもここで働かせて。留守番の役ぐらいならきっと果たしてみせるわ。書類の整理だって。人手が足りないのでしょう?」

lloph-4.jpg
「オフィーリア。気持ちはうれしいけど、もしものことがあったら私は叔父上にどう言い訳していいのかわからない」
「お父様は関係ないわ、わたしはもう大人よ、わたしのしたいようにするの」
「ここはキミのような女の子が来るようなところじゃないんだ」
「女の子って!あなただって…」

lloph-5.jpg
「しー」

lloph-6.jpg
「それは言わない約束だよ。ね?オフィーリア」
子どものころからそうだった。
白い指先一本で、わたしの言葉を封じてしまう。

lloph-7.jpg
「…わたしは結婚なんてしないわ、だれとも…」
「私の可愛いいとこ。だれよりも愛らしくて、だれよりもたおやかなオフィーリア。私と違ってキミには薔薇色の未来が約束されているのだから、それを捨ててはいけないよ」
ほんとうは気づいているのでしょう?
ヒカルの気持ちにも。
わたしの気持ちにも。


***************
百合っぽい展開のはずが、あ…あれ?
こういういびつな三角関係が大好物なのですが、共感してくれる人は少ないのです。
といって先の展開はないのです。(作るとセット他、人形だけでは表現しきれないので)
スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF & OtherDolls
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-30 (Thu)
9月30日18時現在、カスタムハウスからはなんの連絡もなく、マイページの注文リストも「商品準備中」のまま更新がありません。Q&A掲示板にはガンガン問い合わせが入っています。問い合わせれば正しい状況を教えてくれるのでしょうか。期待していなくても、期日どおりに発送されない事実が確定すると感情に波立つものはあります。できないことは言わないでもらいたいです。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-28 (Tue)
レリアナ(AR/LF Ren)と晃(AR/LF Jade)で、ボスと部下もの、後編。

llhk-6.jpg
一生を捧げると決めた私のボスには、たった一つだけ、困った点がある。

それは…

llhk-7.jpg
ボスが女性であること。
とびきり美しい女性であることが、時にひどく私を困惑させる。

llhk-8.jpg
男物の服に身を包んでいても隠しようのない美貌が、華やかなドレスをまとってしまったら、直視ができないほどの眩しさで…。
「どうした?今日はエスコートがお前の仕事だぞ?」
「いえ」
「どうせ似合わないのはわかってるよ」
「ドレスはよくお似合いです」

llhk-9.jpg
「しかし、その靴では…」
「ドレスを着たのなんてスクールのダンスパーティ以来だからな。赤い靴はこれしか持ってない。あの時お前がプレゼントしてくれたこの靴以外には」
「いくらなんでもいまのあなたには子どもっぽすぎます」

llhk-10.jpg
「パーティまでにはまだ時間がありますから、靴屋へ参りましょう。もっとかかとの高い靴を」
「ヒールでなんて一歩だって歩けるか。いまだって立っているだけでせいいっぱいだ」
「ご心配なく。そのためのエスコートです」

llhk-11.jpg
「エスコートと言うなら、片時も離れるな」
「ダンスのお誘いが来てもですか?あなたは今夜のメインゲストとして招待されているのですよ?」
「どうせ叔父上の仕組んだ見合いだ、せいぜいがっかりさせるさ。それに、わたしはお前がくれたこの靴でなければ行きたくない」
「困ったお方ですね」
ほんとうに。
私は心の混乱をどう収めたらいいのだろう。

Return

* Category : OtherDolls
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

男装の麗人 * by 江川ラン子
エステベベさんメイク効果も絶大ですが、ショートカットにすると眼ヂカラ圧倒的なハンサムさんのレリアナは、紺のピンストライプのベストとパンツがTFボーイズより似合ってしまいました。(困ったお方で…)
男装の麗人設定はやってみたかったので、喜んでいただけて嬉しいです。
もう一本、別の視点からのお話があります。近日中にアップしますね。

No title * by komo
あぁ、こういう設定よだれがでるほど大好きです!
男装の麗人、なんてうるわしい・・・
ごちそうさまです*
ボスに振り回される部下、もっと振り回されればいいさ!
で、もっと悩めばいいさ!
大好きな設定にテンションがおかしくなってますww

個別記事の管理2010-09-26 (Sun)
レリアナ(AR/LF Ren)と晃(AR/LF Jade)。Litlle Fair同士なのに初顔合わせ。
llhk-1.jpg
すでにレリアナはエステベベさんによるカスタムメイク、晃はボディがAngel of Dream製に組み替えられて、どちらも完全なデフォルトはなくなっていますが、それでもなかなかの雰囲気。TFよりもぐっと大人の世界。

(晃のウィッグは、SOOM製ヤワラちゃん型のちょんまげをほどいたものなので角度によってはビミョーにアホ毛が。しかし、LF用がことごとくLFにはキャップが大きいのはなぜ?かなり後ろに引っ張ってて、後頭部は歪んでます)

llhk-2.jpg
私のボスは、怜悧さと大胆さを併せ持つ白銀のナイフのような人。
アイスブルーの瞳を冷たくきらめかせて振るう切っ先は、鈍ることも逸れることもぶれることもない。

llhk-3.jpg
だが、俗物ほど鋭すぎる刃物を恐れ、鍵のかかった戸棚に閉じ込めてただの飾りにしようとする。
父君の死後、相続してしかるべき正統な権利と財産とを不当に奪われたボスは、古臭い雑居ビルの一部屋をあてがわれ、部下は私だけ。

llhk-4.jpg
「バカだな、ヒカルは。義兄さんについていれば、こんな不遇の扱いは受けなかったものを」
「お父君との約束ですから」
「そんなものを頑なに守ろうとするから、バカだと言うのだ」
否。
父君との約束がなくとも、私が他のだれにもなびくことなど―!
私にはあなただけがボス。
私は、立ちはだかるすべてを切り裂くあなたの横顔をずっと見つめていたいのだから。

llhk-5.jpg
私が一生ついていくと決めたボス。
だが、わたしのボスには困った点がひとつだけ…。

(つづく)

つづきものばかりですみません。
* Category : OtherDolls
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-25 (Sat)
nn-9.jpg
ダイソーで売っていた椅子型の花台です。隣のテーブルも同じくダイソーの花台。

nn-10.jpg
座面までの高さが約8センチ。
股関節を90度以上に曲げた姿勢を保つことの難しい関節構造を持つタイプのドールをちゃんと座らせるのに大事なのは、床から座面までの高さが膝から下の長さに合うこと。

わたしが買ったのは2年前、昨年にも買ったところとは別のダイソーでもニス塗りバージョンを見ましたが、現在も必ずありますとは言えなくて、拍手のお礼の代わりになるのかどうか。
可能性が高いのは、ガーデニンググッズの充実している店舗面積の大きいところです。

Jr.にジャストサイズの椅子をお探しの方は、もし見かけたら買ってみてもいいのでは?というアイテムです。

追記に拍手お返事です。

>リトルジュニアは前から気になってるのですが、カスタムハウスさんの現在の発送状況をみるととても手が出せません。
ごもっとも。発送状況もさることながら、Q&A掲示板のタイトルを見ると、左手が2つついていたとか、到着後にもトラブルが多い様子。現在の偽らざる心境は、あきらめ半分、後悔半分です。もちろん届けば可愛がりますが。

>Jr.MINORUはうちに来てからもうすぐ3年になります。お人形には素手で触って遊び倒したい私のお陰で、初めはびっくりするほど白かった肌もクリーム色になり、TFとはかえって並べ易くなりました。美白っこのオーラなど無い庶民派ですが黄色くなってもやっぱり可愛いと思える子です。ひとりこっそりとお人形遊びを楽しんでいます…
お答えありがとうございました。
教えていただいた場所で、Jr.MINORUくん拝見しました。TFたちに囲まれて幸せそうですね。周りの年上からから愛される小さい子という環境は、とてもツボです。黄色くなってきても可愛いと思えるのは、本物の愛情だと強く感じます。

わたしのドール友だちにもサイトは持たずに可愛がっている人はいます。わたしの場合、鼻のアレルギーが強いので、あまり長い間同じ空気を吸えない事情があるのと、物語をつけることで愛情表現をと思いこんいでいるから、こういうサイト運営になるのですが、サイトのことばかり考えていると、写真を撮ってはすぐ仕舞い、更新ネタの為にしかクローゼットから出さない…。という本末転倒な状況に陥り、それが人形への愛情か?と疑問がもたげることもあります。写真という媒体を介さなくても可愛がることができるのは、とても素晴らしいことと思います。

途中から自分語りになってすみません。



Return

* Category : 拍手レス
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-23 (Thu)
前編にひきつづき、ルナリア奇譚 後編。(長いので畳みました)

月が欠けない沈まない常夜の国、ルナリアで戯れるトランプうさぎの前に、白いうさぎの仮面をつけた少年が現れて…
lunaria-3.jpg

「さあ、僕の大事なものを返しておくれ」
仮面の少年が現れてから、あれほどさざめいていた草たちののささやきがぴたりと静まり、影帽子のように動かなくなった。
青白い月光は、沈黙した草たちを照らすには弱く冷たい。

lunaria-4.jpg
「キミの大事なもの…?ボクは持ち物なんて何も」
うつろな表情で首をかしげるトランプうさぎの様子に、仮面の奥から気の毒がった溜息がもれた。
「やれやれ、すっかりルナリア症だね。ルナリアの月光は浴びすぎると、時も自分の名前さえも忘れてしまうのだから」

lunaria-5.jpg
「この世のすべては借り物、仮の世界だ。僕なんてこの身体も服も何もかもが借り物だらけ。そんな僕が返せとはとても言えた義理じゃあない。けれども、それはキミが持っていてはいけないものなんだ」
白い仮面を押しあげると、どこか寂しげな優しい笑みをたたえた顔があった。
「僕の瞳をよく見てごらん」
「瞳…?」
「まだ思い出さないかい?」

lunaria-6.jpg
「瞳…ああっ、瞳!ボクの瞳は…」
「そうだよ、それは僕が貸したルナリアへの通行手形。キミの世界の月が満ちるまでの間だけという約束でね」
「ちがう、ボクはルナリアの住人だ…ずっとここにいて…」
「なら、キミはだあれ?」
「ボクは…トランプうさ…あ、あたし…あたしはビアンカ…」
「やっと思い出したね。さあ帰らないと」

lunaria-7.jpg
「お願い、もう少しだけ…今夜だけ、満月が沈むまで…」
「知らないのかい?満月はね、満ちた瞬間から欠け始めているんだよ。キミの世界の月はもう月齢15.1にまで進んだ。これ以上いたら戻れなくなる」

lunaria-8.jpg
ビアンカの身体が音もなくくずおれた。
「おやすみ、ビアンカ。まっすぐお帰り」

lunaria-9.jpg
「さて。あるべきところに、あるべきものを」

lunaria-10.jpg
「うん。これでよく見える」

lunaria-11.jpg
「けど、この瞳にこの髪は不釣合いかな?唯一、僕の持ち物と言えるのだけど」
(注:このウィッグはLimited Gusのデフォルトなのです)

lunaria-12.jpg
「どうもこのほうがしっくり来るみたいだ」

lunaria-13.jpg
「じゃあまた満月の夜に。そうそう、月の綺麗な晩はルナリアの誘惑に気をつけて」

Return

* Category : TFGirls & Boys
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-22 (Wed)
今夜は十五夜。この前後を休日にして過ごすお隣韓国ではどのように祝うのでしょうか。

bn-50.jpg
幻想的な満月の背景に、Doll Haert製トランプうさぎの衣装のビアンカ(TF Olive白SP)。

bn-51.jpg
ここはルナリア。月が沈むことも、欠けることもない、不思議の月の国。

bn-52.jpg
紅い瞳に映るのは、青白い光に包まれた世界。
耳を澄ますと、聞こえてくるのは草たちのささやき。

bn-53.jpg
さやさや、さやさや…。
「キミはだあれ?」
「あた…ボクは…うさぎ、トランプうさぎ」
「どこから来たの?」
「どこだっけ?」
「どこに行くの?」
「どこに行くのだっけ…?」

bn-54.jpg
「あれ?ボクはいつからここにいるのだっけ…?」
「ずっといたじゃない」
「ボクはずっとここにいたんだね」
「いたのよ」
「そうだった」
「ずっといればいいじゃない」
「そうだね、ずっといればいい」
さやさや、さやさや…。

lunaria-1.jpg
「まだここにいたのかい?もうお遊びの時間はおしまいだよ」

lunaria-2.jpg
「だあれ?」
「わからないのかい?」
「わからないよ」
「キミに大事なものを預けた者だよ」
「大事なもの?」

後編へつづく〉
* Category : 12 TF Olive白SP(ビアンカ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-20 (Mon)
zc-28.jpg
超能力で浮いている的な構図。
撮影の背景を角度をつけて下に置く「ななめ撮り」ならポーズもつけやすいと教わったので、さっそくお試し。
「ブースト」のシーンてこんなじゃないかしら?

以下、コメントを下さった方へのレスです。

>はじめまして、こんにちは。
こちらこそ、はじめまして。以前からいらしていただいたそうで、ありがとうございます。
>MINORU Jrが複数いらっしゃるところは少なくて、いままでも肌色とかサイズ比較のデータはすごく参考になり、有難く思っています。…Jr.のほんのり白桃肌(すてきな表現ですね!)が好きなので無くなってしまうのは寂しいです。
今年に入ってぱたぱたっと3人になりました。ジュニアがわらわらっといるのはTFとはまた違う楽しさがあります。比較記事はお役に立ててなによりです。白桃肌という表現は、どういう色表現がみなさんに伝わりやすいか考えて、フルーツがわかりやすいのではと思いました。あの肌色がなくなるのはわたしもとても寂しいです。

>そらいろさんに居たRose Ellieは単体で見たからか黄味はそれほど感じず可憐な子でしたけれど…
あそこの照明は、赤めですから黄色味は白色蛍光灯下より感じないかも。あの可憐いまにしてみれば惜しい…。

>TF共通肌になってJrオーナーがもっともっと増えてくれれば良いなあと思っています。そらいろさんができて靴やお洋服も手に入れ易くなりましたしね。今居るJr(うちの子は白肌です)は、これまで以上に可愛がっていくつもりです。
いまいる子を大事に可愛がるって、とってもとっても大切なことです!
ジュニアオーナーが増えてくれることはわたしも期待したいです。オーナーが増えれば、公式のアイテムも、ディーラーさんも増えるでしょうし。
ただ、TFと同じ肌色になったら、ミノルたちのメイクも変わるだろうし、またお迎えしそうな危険があああ…。Jr白肌も、これからTF・SFとのコラボレーションで復活してほしいです。
もし、サイトをお持ちで、おさしつかえなければ、URLを教えていただければ幸いです。そちらの白いJrさまをぜひぜひ拝見させていただきたいです。白い子はいないから憧れなのです。


>ノアドさんの投売り?ドールには私もびっくりして安さに足が止まってしまいました。でもあの黄変。サンプル品だがほとんど出したことがないとのことでしたので、会場のライトのせい?とも考えましたが、黄味が気になって手がでませんでした。会場ではノアドさんの洋服もディスカウント状態なので、ノアドさんのチェックは必須ですね!minoru Jr.さんの報告大変興味深かったです。
ちょっとあの黄色はショックですよね…。
お洋服も、イベント会場での値段を見てしまうと、普段は手が出なくなります。もうノアドさんはTFからは離れていくのかなあ…。 わたしは、あのカラフルな学ランをどうしようか、いつも迷って、結局買わずに帰ってきてしまいます。そうこうしているうちに、点数がウチの人員と揃わなくなってしまったのですが。(人数多すぎ!)
minoru Jr.のレポは、あまり他で見ないので、マイナーサイトといえども情報発信できればと意気込んでおります。

Return

* Category : 拍手レス
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-20 (Mon)
MWJr.の肌色レポに拍手やコメントありがとうございました。

Boy Girl Blossomと3タイプのボディが揃いましたので、肌色比較に加えて、体格の比較用にフルヌードで撮った写真をアップします。参考になれば幸いです。

zc-29.jpg

以下、ウィッグなしのフルヌード画像です。


co-skin-mwjr.jpg
(クリックすると大きくなります)
向かって左から、寧々(Clare、Girl)、武琉(MW/Jr.Minoru、Boy) 雅(Leira、Blossom)。
やや白くなりましたが、クレアだけ黄みが強いです。

胸パーツがボディの特徴がもっとも出ています。
Brlossomボディの胸パーツと腰パーツの線が、弓なりに曲線を描いていて、けっこう色っぽい。
GirlとBoyの胸パーツの下の線も、わずかですが、Girlのほうがカーブがあります。

co-body-mwjr.jpg
太ももパーツは、違うのか同じなのか、正直わかりません。
ただ、Blossomは、ふくらはぎが細いです。
腕から下は全部同じ。

co-skin-mwch.jpg
(クリックすると大きくなります)
カスタムハウスのリトルジュニアと。
カスタムハウスの普通肌は、ミノルの白桃肌が一番近いです。
首の太さと頭の大きさが違うので、ヘッド交換は不可能。

huton.jpg
おまけ。お布団。
どんどん厚く大きくなってて…。
左から寧々(Clare、Girl)、 雅(Leira、Brossom)、武琉(MW/Jr.Minoru、Boy)の箱に入っていたお布団。
一昨年お迎えの武琉のはジュニアの化粧箱にぴったりなサイズで作られていました。今年お迎えの、雅と寧々の布団はTFサイズでした。

雅のはどうにか押しこめられますが、寧々のは、蓋が盛りあがってしまいます。

BF社と経営母体がいっしょになったし、共有できるものは一つの規格にしたいのでしょうけど、蓋が閉まらないのはちょっと困ります。

Return

* Category : 比較
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-18 (Sat)
MWJr.にBF社のノーマルスキンと同色の肌色の新顔が出て、彼らが限定なのかと思ったら、驚きのうわさを耳にしてしまいました。今後は既存の子も在庫がなくなりしだい、BFのノーマルスキンと同色になるとか。いずれSFヘッドもパーツ買いが可能とか…。

Mistyrose skinがレギュラーではなくなるなら、Mistyrose skinでのパーツ補充などはいまのうちに、となるわけですが、このMistyrose skinも最近になってだいぶ色味が違っているのですよね…。

7月末に迎えた寧々(MW Jr.Clare)は、前の子2人と比べるとけっこう黄色いです。
nn-8.jpg
 ↑
肌色の違い、わかりますか?武琉(MW/Jr.Minoru)の写真は前のカメラ撮りなので、データ上、完全比較ではないですが、どちらも肉眼で見た肌色に近く撮れているカットです。
 ↓
hktk-9.jpg

たとえて言うなら、白桃と黄桃ほどの差があります。(ちなみTFの肌色はメロン)

my-5.jpg
紫のウィッグのせいでやや黄色く撮れていますが、お迎え時期が寧々(MW Jr.Clare)より少し前の、雅(MW Jr.Leira)は、武琉(MW/Jr.Minoru)よりも少し肌が白いぐらいで、色味は白桃系。

4月にSora*Iroで見た、テーマスペシャルのレイラやミノルは、ウチのミノルよりも白いぐらいで、色系統は同一線上にあったと記憶しています。雅(MW Jr.Leira)はちょうどこの色です。

3Juniors-8
寧々(左)と雅(右)の足の色が明らかに違います。
(雅がいちばん色白なのは設定として好みなので、この3人の色差になんぞ不満があるわけではないです。)

ロット差では納得しがたい、色の差。

おそらく薔薇肌というわりに黄色いという話をよく耳にした、La Vien en Rose の製造時期が、肌色の転換点だったのではと推測しています。
(雅は、La Vien en Rose 以前製造、寧々は、La Vien en Rose 後製造だと)

7月あたりで、Jr.の従来の4人(ミノル、レイラ、クレア、テッド)は、スペシャルもチョイスも、ヘッドごとにとっかえひっかえ在庫切れになっていました。(寧々のお迎えも補充を待ってからでした)。

だから、これからJr.スペシャルなり、チョイスなり、未組み立てボディなりを買っても、従来の白桃色ではなくて、黄桃色の肌の可能性が濃厚…。

何がいいたいかというと、
いまお迎えすると、公式写真より黄色い肌の子が来る可能性高いよ!と。
(注:推測に推測を重ねただけなので、まだ白桃肌の子が残っている可能性もあります)

白桃ヘッドの子たちのボディ交換などはもはや望めないのかも。

いまいる白桃肌の子たちのパーツは、心して大事に扱わないといけないようです。

確かに白桃肌は、光の加減が難しくて、特に蛍光灯下では、いまのカメラではきれいに撮れずに難儀はしていて、黄桃肌の寧々のほうが良く撮れることは事実だったのですが、なくなるのは寂しい…。

……あ!

考えてみたら、黄桃系のMistyrose skinはごく短命ということになりますね。
こっちも大事にしなきゃ。
* Category : 比較
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-17 (Fri)
オフィーリア(TF Sarang白眠目)に、一昨年(え?)秋のドールショウで買った ATELIER MIKO'S さんのブラウスとスカートを。
oph-38.jpg
スペースでの展示を一見して、確かな技術の持ち主だとわかりました。

oph-39.jpg
肌がいささか白飛びしています。お洋服の様子がわかるかと。

プリーツスカートは、腰骨までは縫い付けてあり、きれいにひだが折りこまれています。
裾処理も見事で、たぶん、裾に縫いつけたリボンの中央の白い飾りステッチも自分で加えているのだと思います。しかも、このステッチは飾りだけで、縫いつけはこのわずか2ミリほどのリボンの両端に、同じ色糸でなされ、スカートの生地は裏側で二つ折、切れ端を出さない高度な処理。それが一針だって飛ばず、縫い目は均一。
なのに縫い代でラインを崩して膨らんでもいないのです。

oph-40.jpg
このブラウスの縫製の素晴らしさ!
レースがよれることも、妙なひきつれもなく。
着せやすくかつゆるやかにフィットするパターンも素敵。

仕立ての良し悪しは、裏を返せばわかると母に教わりましたが、裏の処理もとてもきれいです。
いまどき人間用の服でだって、こんなにしっかりした縫製の服にはお目にかかれません。

oph-41.jpg
このお洋服のイメージに合わせて、ちょっとクラッシックな小物と背景に、キャラメルブラウンの巻き髪を合わせてみました。
一昔前のオフィスガールのような、女子学生のような。

oph-42.jpg
ATELIER MIKO'S さんとは以来一度もイベントで縁がなく、もっと買ってくればよかったと口惜しいです。
* Category : 10 TF Sarang眠白(オフィーリア)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-16 (Thu)
やっと涼しくなりましたね。
急に秋らしくなると、あんなに暑い暑いと言っていたのに、夏ネタでやり残したものがあって慌てます。来年でもいいか…。

秋らしい背景での、ビアンカ(TF Olive白SP)とオフィーリア(TF Sarang白眠目)。
bnoph-1.jpg
今月TF分が少ないので、昨年分の出しそびれですが、強化用に投入。

bnoph-3.jpg
さてクイズです。
「かぼちゃとりんごにできることはなあに?」

bnoph-2.jpg
「おいしいパイになること?」
いいえ。
それもすてきな能力だけど。

bnoph-4.jpg
「女の子をハッピーエンドに導くこと」
* Category : TF Girls
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-14 (Tue)
ポチだけの方も、コメント不要の方も、お気持ちは大変ありがたく頂戴いたしました。
コメントをお返しするのはとても好きなのでどうかお気遣いなく。

3Juniors-7
スリッパが欲しいと思いました。作れるかな、それぐらいなら。

追記にコメントをいただいた方へのレスです。

>可愛いお人形さんたちに着ていただけて、とっても嬉しいです!セーラー衿のお洋服に合うボトムズやリクエスト頂いたジャケット等チャレンジしたいと思います!
いらっしゃいませ!こちらこそ、いらしていただけて嬉しいです。
会場ではいろいろ言ってしまって、プレッシャーになったのでは?と後から気がかりになりました。ですが、Jr.っこならではの服の悩みを共有できる方とお話できて楽しかったです。これからも素敵なお洋服を作ってください。

Return

* Category : 拍手レス
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-13 (Mon)
ドールショウ秋、ふらっと行って来ました。

今回のお目当ては、3人に増員されたMWJr.たちのために、Jr.サイズのお洋服を出品しておられるシトロンドさんでした。

3Juniors-2
その晩に着せて撮った3人。雅(MW Jr.Leira)、武琉(MW/Jr.Minoru)、寧々(MW Jr.Clare)。

3Juniors-1
同じシリーズのドールズが同じディーラーさんの服を着て。
私服なのに統一感があって、ドラマのワンシーンのよう。

3Juniors-5
寧々(MW Jr.Clare)が着ているのが今回の新作。

3Juniors-4
武琉(MW/Jr.Minoru)のチェックの長袖シャツも今回のお買い物。
ナチュラルな色味と柔らかな風合いも、原色ベースのデザインが多い、小さいサイズの服ではなかなか出会えない品です。

3Juniors-3
雅(MW Jr.Leira)のセーラートップスは、春のドールショウで買ったもの。
なかなか合うボトムスがなくて、お披露目できなませんでした。今回別のディーラーさんの出していた幼サイズのショートパンツでなんとか。裾がプリーツになっているのが映っていなくて残念です。

3Juniors-6
この子たちもこれで秋が越せます。Jr.サイズの長袖がどれほど貴重か!
ほんとうに良かった。服難民のJr.のディーラーさんに出会えて。


わたしは、イベントに行くと買い物のことしか頭になくなる自己中人間でして、カメラもドールも持たずで、ディーラーさんの展示写真などのレポはないです。
ただ、驚いたことがひとつ。

長文なので追記にします。


ノアドロームさんで、おそらく展示や撮影に使われていたホワイトスタンダードのTF子たちが1体ずつ半値以下で出品されていました。わたしの見た時は、カイル、サラン、ニキ、エミリー、デニス、シャオの6体。かなり動揺しました。展示の子だったゆえか、黄変が目にわかることにも…(いずれああなるのだなあと)

若干の劣化があるとはいえ、眉の線がくっきりしていて、透明で辛口のソーダ水のようなイメージのメイクには、自分が最初にお迎えしたTFがホワイトスタンダードだったという思い入れもあって強く惹かれます。特にカイルのクールさに引きこまれそうになり、逃げるようにスペースを離れました。あと数分いたら取り置きを頼んでATMに走ってしまったに違いなく。

それでもどうしても気になって、会場内を一周して戻ってくると、ちょうどカイルのマスターが決まって引き取られるところでした。95%ホッとして、5%だけ残念。わたしには突発的にお迎えする余裕はなし、彼に幸せなドール人生が待っていますように。

しかし、残されたどの子だって、メイクがわたし好み。これ以上揺らがないうちにまたスペースから去ったのでありました。いい親に出会っているといいのだけど。

Return

* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

カイルの誘惑 * by 江川ラン子
背景は、ドールハウスちっくなセットにしてみました。
それにしてもウッドカラーとの相性がとてもよい服です。

カイルをご覧になったということは、実は会場内ですれ違っていたかも?
それにしてもカイルの妖しいまでのクールさは悪魔的でしたね。他の子だって危険でしたけど。

No title * by komo
3人とも新しいお洋服に身を包んで嬉しそうに見えますね*
おうちのセットが私服とマッチしてます。ゆったりくつろぐ休日の服装ですね。
ノアドのTFさんたち、私も実はぐらっときた1人です。しかも同じく、カイルに。同じく1周回ってきたらもういなかったので、残念に思いながらもどーせお迎えできる余裕はないのだから(場所的に)これでよかったんだと自分に言い聞かせましたよ。

個別記事の管理2010-09-10 (Fri)
ようやく出番です。
紹介し損ねていたもう1人の新人はミノルワールドjuniorの3人目、Clareでした。
(新人紹介の最初の文はどう書いたらいいのか悩みます)

nn-1.jpg
ほんとうは7月24日着なので、2人目の雅(MW Jr.Leira)を紹介したときにはすでにいて、すぐに紹介する予定が、ジャケット制作のつまづきからエントリーが詰まってしまい、今日になりました。

わたしの愚図っぷりとは対照的に、ミノルさんの発送の早いこと早いこと。注文2日後に発送連絡。「光速」とまでは行きませんが、すばらしいハイスピードでした。

nn-2.jpg
彼女もチョイスでのお迎えです。デフォルト服の変わりにスクールガールの制服を。

前二人に比べて、黄薔薇な肌色に驚きました。Roseあたりが転換点?

彼女もまた既存のキャラ見立てをさせられる運命に…。
「絶対可憐チルドレン」の主人公チーム「ザ・チルドレン」の3人目野上葵。
nn-3.jpg
葵に見立てるなら眼鏡は絶対必携。
HAPPY DOLL PLUS製、mini-F、幼SD・オビツ50用。予測よりレンズが大きかったのですが(ミノルジュニアヘッドが小さすぎる)、レンズが瞳にかかっても歪まない、曇らない透明感はすごいです。

nn-4.jpg
久しぶりに室内セットを組みました。
ものの縮尺を肌感覚で理解できていないころに集めた、TFにはやや小さい家具類がぴったり。

nn-5.jpg
この角度で撮ると、本が「なんちゃって背表紙だけ」なのが丸分かり。

nn-6.jpg
「天井高いな…」
(リ○ウスガールっぽい)

nn-7.jpg
命名は「寧々(ねね)」です。女優さんからいただいたわけではなく、野上→「の」の「うえ」で。

*****DETA******************************************

MINORU WORLD Jr. Clare Mistyrose Skin
   メイク: デフォルト
   ボディ: Girl
   お迎え: 10年7月24日
   名 前: 寧々(ねね)

***************************************************
* Category : 19 MW Jr.Clare (寧々)
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

イメージ * by 江川ラン子
葵のイメージにぴったりといって下さってありがとうございます。元作品を知っている方に言われるとほっとします。
Jr.はTFよりは軽いですものね。
場所は、わたしもそろそろ限界です。クローゼットいっぱいいっぱい……。

No title * by komo
寧々ちゃん、葵ちゃんのイメージにぴったりです。ちょっとクールな感じとかが合ってますね!
ちっちゃい子いいですねぇ。
ひょいととりだせるし、連れ歩くの楽だしいいなぁとあこがれます。
そして、私はSFのAndy君、すっごくこのみで悩んでます・・・
お迎えしたいけど場所とお財布に余裕がーと思ってるので、たぶん増えないかと思いますがww

個別記事の管理2010-09-09 (Thu)
周回コースのドールサイトさん複数で、SFの新顔Andyが、TFのKyle似?PFのJimmy似?と話題になっていたので、わたしも便乗して。

わたしの第一印象は、「Patricの弟」でした。なにぶん同ヘッドが2人もいるもので。身近にいる子に印象が引きずられるのは当然であります。元をたどればPatricだって大Jimmyですものね、ほぼ同一線上?
syotahyo-4.jpg
クレオ(TF Patric Who)を黒髪、ディープブルーのアイに。
黒髪ブルーアイがデフォルトのクリスティーナ(TF Patricia Who)と並べるとまた面白そう。
アイはアクリルなのと、アイホールの輪郭が合わなくて、後ろにひっこんでしまいました。

半眼ルイもポチッたし、LJ/半眼マーズもいつかは来るのだろうし(いつなの?)、半眼ばかり一気にこれ以上増えるのはなあ、なのでとりあえずは日和見です。

というか、紹介していない新人がまだ1人…。
* Category : 16 TF Patrick Who(クレオ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-05 (Sun)
夏が終わって、新学期も始まったという流れに逆行して、また神社の背景です。
宗介(DZ/Ray)と武琉(MW/Jr.Minoru)を、これまた電脳コイルのキャラ見立てで、ご存じない方にあきれられてしまうわと思いながらもアップです。
sktk-7.jpg
この二人の命名の由来がそれぞれ猫目宗助・タケルの兄弟にあります。
(元作品の二人は一目瞭然に似ています。いったいどういう閃きで、この2人で兄弟にできると突っ走ったのか…。しかも、ハラケンに見立ている研一(TF Louis)とタケルは同じ学年だから、3人は絶対に並べられないという。ですが、宗助の冷徹で理知的なところがDZ/Rayに、タケルの人懐っこいところがMW/Jr.ミノルに、それぞれのドールの「ニン」とでもいうところが通じているように感じたのです)

sktk-8.jpg
命名までされていたのに、ちゃんと猫目タケル見立てにするのはこれが初めてじゃないかしら?なんたること。

肩に乗っている小さな猫は、電脳メガネでしか見えない電脳ペットの一種ミゼットシリーズ。の、見立て。
実際にはもう少し大きく、モモコという名前で、クロネコ便のピンクの彼女によく似ています。(放送中はいつラムちゃん声で喋るのかと)

ソーダアイスは、タケルの初登場回「駅向こうの少年」で、主人公のヤサコと食べていました。

sktk-9.jpg
父か母かが撮ってくれた家族写真風ではありますが…

sktk-10.jpg
電脳メガネの開発者だった父親は、大手に会社を乗っ取られ、技術も奪われて行方不明、母親は長患いという過酷な環境ゆえにひたと寄り添う兄弟。
こう書くと悲劇的ですが、陰惨に描かれてはいません。それ以外の見せ場がいろいろありまして。

sktk-11.jpg
「兄ちゃんにはボクがいるじゃないかっ!」
放送当時は吹きました。
出番が少ないわりにこの兄弟は印象的な台詞が多くて。
(特に兄の宗助。小学女子に向かって「アバズレ」だの、弟に向かって「その口を塞ぐぞ」だの…)

sktk-12.jpg
3年も前の放送なのに、いまだに思い出すと楽しくなる作品です。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : OtherDolls
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

コメントありがとうございます * by 江川ラン子
あのころ、歳の差感に非常にこだわっていたのです。(いまもだ!)
ミノルJr.シリーズは、顔立ちはTFととても相性がいいのですが、全身のバランスからすると、TFより等身の高いドールズのほうが面白みが出る感じもあります。

電脳コイルは…たぶんここにいらしている方の、2、3人しかご存じないのではと…。

No title * by komo
弟くんのむじゃきなかわいらしさがいいです!
身長差といい、顔だちといい、ちょっと年の離れた兄弟って雰囲気ですね。
電脳ペットのにゃんこが肩にちょこんとのってるのがかわいいです~☆
電脳コイル自体は知らないのですが、それでもいろいろな設定が生かされてこの写真ができてるんだととても感じます*

個別記事の管理2010-09-04 (Sat)
※この画像にはフィクションとは思いがたい台詞が含まれておりますが、筆者の感情も加味されております※

waiting.jpg

http://www.ainai.com/jp/board/notice_view.asp?seq=725

10月になったらどう言い訳する…いや、ままま、とりあえず待つしかないんですけどね。
6月時点でキャンセル不可だったし(この時に制作工程に入っていたとはとても思えない…)

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-02 (Thu)
暑さはまだまだ続いておりますが、テンプレートを変えて少し気分を新しくしてみようかと。

新学期ネタで、制服を着たカヲル見立ての渚(TF Gus白)と、彼に付き合わされてシンジ見立ての研一(TF Louis)。
(研一はいろんな役をやらされて億劫そう)
eva-17.jpg
男同士で手を握るとBLっぽくなりますが、カヲルくんは素でスキンシップ好きなのでまあいいかと。

学校の屋上で始業式をサボっているらしき二人。
(そんな場面はないです。ああでも"Q"にないともいいきれ…あるわけない!)
eva-18.jpg
「出なくていいのかい?」
「出たくないんだ。いいよ、別に付き合ってくれなくても」
「僕はいたいところにいるだけさ…けど」

eva-19.jpg
「出たくないのは授業だけかい?」
「……」
教えてよ、キミが行きたい場所を。キミがいちばん幸せになれる場所を。
僕がかならず導くから。僕の全てをかけて。

…甘い台詞はハズイデス…。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Boys
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。