10≪ 2010/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-30 (Tue)
クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)のお迎え記念、アリス的小話「アリスとうさぎ」後編。

twinpat-33.jpg
「その手段はポケットの中ですよ、黒いアリスの姉上さま」
アリス世界にいざなう、白うさぎの言葉にアリスは…。


twinpat-34.jpg
「いつの間に…私はこんなものをポケットに入れた覚えなんてない」

twinpat-35.jpg
「このみやげ物のせんべいみたいな出所不明の巨大クッキーがアリスのアイテムだと?」

twinpat-36.jpg
「アリスのアイテムになるかどうかは姉上しだい。アリス世界とはそういう世界でしょう?では、ボクは一足お先に。“遅れてしまいます”から」
「おい、クレオ?」

twinpat-37.jpg
「白うさぎは、アリスの前を走っていなければ、ね?」

twinpat-38.jpg
「ちょ、待てっ」

twinpat-39.jpg
パタン

twinpat-40.jpg
「……。わたしがアリスなら…?」

twinpat-41.jpg
「ふん、まったくめんどうな弟を持ったものだな」


****
最後にドアだけがぽつんと残った写真を置かないとオチにならないのですが、撮り損ないました。

Return

スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

アリスもの * by ラン子
せっかくステキな衣装があるのに活躍させないのはもったいないですよね。
ところで、「小さくなるビスケット」がどちらのポケットに入っていたかが思い出せません。どっちでたっけ?

タイトル * by komo
アリスのお話は大好きです!
この2人、やっぱり衣装のコンセプトが同じアリスモチーフでいいなぁといまさら魅力を感じました。
単独も良いけれど、2人並ぶと物語を感じさせてくれる子たちですね。

個別記事の管理2010-11-29 (Mon)
本日クリスティーナ(TF Patricia Who)とクレオ(TF Patric Who)のお迎え日を記念して、前後編で。

twinpat-26.jpg
「クレオ、お前と目線が同じ高さになるのは久しぶりだな」
「誕生日だっていう理由でやっとボディを返してもらいましたから」
(※ふだんのクレオはカスタムハウスLJr.ボディに繋げています)

twinpat-27.jpg
「こんなに立派な衣装があるのに。ボディのせいでこれを着るのも半年ぶりですよ」

twinpat-28.jpg
「お前はまだいいほうだ。私なんか公式ASでメイクが直ってから着るのは初めてだからな」


考えてみたら、新旧合わせて制服以外の衣装つきでお迎えしたTFはこの双子だけでした。フル装備にするとイメージが固定されるので、つい…。


以下、アリス世界を背景に置いた小話の前編を。

twinpat-29.jpg
「ところで、この小さな扉はなんだ?」

twinpat-30.jpg
「アリス世界の断片…あるいは入口。呼び名はどうとでも」

twinpat-31.jpg
「この扉をくぐって不思議の国に行けとでも言うのではあるまいな?」
「さすが姉上。お察しがよろしい」
「バカな。こんな小さな扉に身体が収まるわけがない」
「その方法ならばすでにご存知のはずでしょう、姉上?貴女がアリスならば」

twinpat-32.jpg
「まさか…」
「ええ。その手段はポケットの中ですよ、黒いアリスの姉上さま」

(つづく)

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Patricia&Patrick
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-28 (Sun)
枚数が多いので、サイトに置きました。

ウィッグ比較
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 比較
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-25 (Thu)
tk-62.jpg
Blue Fairyで、カイルスタメン落ち、PFニューボディとニュースが続いた陰で、MINORU WORLDでも更新がありましたね。

1つは、 SF Choice & Parts で、SFのヘッドとボディがパーツ買いできるようになったこと。
1つは、Jr Choice & Parts Jr.のボディがパーツ買いできるようになったこと。(いまのところ、Misty Rose skinと Nomal skinから選べます)

事実上、SFヘッドにJr.ボディを、というセレクトで一括購入が可能になったわけです。
同時注文すれば肌色格差も少ない気が…。
背高SFが増えるかな?

Jr.ボディの、Misty Rose skinは在庫のみと思われるので、現在お抱えの子のボディチェンジをとお考えなら最後のチャンスかもですが、肌色の不一致という不安はやはり残るでしょうか。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-23 (Tue)
ng-9.jpg
渚(TF Gus 白)のアイは、イベントで偶然見つけた中古の14ミリのグラスアイです。14ミリなので、カスタムハウスLJr.か、MWJr.にあてるつもりでした。ルナリア奇譚の撮影のときに、赤い眼以外のアイを探していて、買ったばかりで一番上にあったこのとび色のアイをあててみたら、とてもきれいにはまったので、カヲルくん役を外れるときはこれがレギュラーになりました。

以下、拍手でコメントを下さった方へのレスです。

>今川焼きは家までもってかえってきたなら、お茶をいれて、レンジでチン・・いやオーブントースターで焼いて食べるといい
お母さんがしっかり世話焼きだと、男の子はそういうことを自分ではやらなくなるかあと。

>今川焼きは酉の市ゆかりの食べ物なのかがわからない…単に縁日で売っているのはドラ焼きじゃなくてという意味???
そうです、今川焼きは、縁日が立っているから買ってきただけでした。酉の市にゆかりがあるのは切山椒という、お餅に山椒の粉をまぜたものかな?勤め先の近くの神社で催す行事なので、ついわかった気になって説明不足でした。

>今回すっごいGUSっぽいお顔だなあと。渚くんの渚カヲルモードとは全然違うのほほん顔だ。
カヲル以外の役も持たせてあげたいなあと。どちらかといえば、このほうが素?

>DZ宗助さん、コート姿も素敵ですが、えー?あれ、押し売り??ユスリ???
美形な喪黒……ゲフ、押し売りです。自分が、年賀状どうしようと思い始めると、今年1年の不徳をじくじくと悔いるもので。でもネタの時季が2足ほど早かった…。

Return

* Category : 拍手レス
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-18 (Thu)
明日が二の酉なので、渚(TF Gus 白)に熊手を持たせて。
ng-3.jpg
珍しく時季ネタが前日に出ましたよ!(それなら一の酉の前に…)

ng-4.jpg
熊手は、以前に知人からお土産でもらった置物で、酉の市を開催する神社の熊手とはデティールが違っていますが、まあ、雰囲気で。

ng-5.jpg
「これでよし」
これが台座です。ずっと玄関に飾ってありました。
ので、これも玄関口に飾っているイメージで。ポーチのような段差のあるセットが組めればよかったのですが。

ng-6.jpg
「ふいー。出るときは寒かったのに人いきれで汗かいちゃった」

ng-7.jpg
「あーあ冷めちゃった。やっぱり出店で食べちゃえばよかった。でも熊手持ってたしなあ」
今川焼っぽく見せているのはドラ焼きのケシゴムフィギュア。どこから出したかは聞かないように。

ng-8.jpg
「こら、そんなとことろで食べないで、ちゃんとテーブルで食べなさいよ!」
「はーい」
お母さんはお見通しです。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 17 TF Gus白(渚)
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

タイトル * by ラン子
酉の市が終わるといよいよ冬本番ですよね。キャスケットはTFには大きく見えたのですが、被せてみるとほぼジャストでした。人形って人間よりは頭でっかちですから、帽子はバランスが難しいです。
お母さんの台詞は、わたしもそんなこと言われっぱなしだったのでしたので。

タイトル * by komo
おぉ、一足はやく年末って感じですね・
ってかそろそろ準備しなきゃなんて写真見ながら思ったりしました。
キャスケットがかわいいなぁ
さいごのおかあさんのセリフがほんとそんな風に言われてるよ、絶対と思うぐらいぴったりで笑ってしまいましたww

個別記事の管理2010-11-17 (Wed)
研一(TF Louis)と研吾(TF Louis V Something)の別カット。
knkz-11.jpg
研吾の化粧箱に入っていた布団が厚すぎて、蓋が盛りあがってしまうので、研一の布団と一枚ずつ交換しました。優に研一の布団の二倍はあります。

我家のTF中では、昨年のホワイトスペシャルの布団がいちばん薄く、彼らまでがナイロン生地で、Who~のときに厚くなり、生地が生成りで光沢のある綿生地に、今年来たSomethingが厚さマックスでさらし綿のような生地になっています。

今年お迎えの寧々(MW Jr.Clare)や雅(MW Jr.Leira)の布団も厚くて(生地はSomethingと同じ)、箱に収まらないのはTF用の布団を流用しているせいだと思っていましたが、TFの化粧箱がゆがむほどパンパンなのは、いくらなんでも詰めすぎでは?

わたしはふだん化粧箱に寝かせてクローゼットに置いていて、撮影する子は箱ごと出して、アイ交換やお着替えなどの作業を布団の上で行っています。
箱に寝かせておられない方は、お布団をどうされているのでしょうか。
* Category : TF Boys
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-15 (Mon)
研一(TF Louis)と研吾(TF Louis V Something)。15日の今日を狙って出した…ことになるのでしょうか。
knkz-2.jpg
研吾を研一と同じカニスのベージュアイに換えたので、なるべく似るように、ウィッグも同色のシャギーにして、旧制服でそろえました。

knkz-3.jpg
実は、研一が着けているのが研吾のデフォルトウィッグ。研吾は渚(TF Gus 白)のデフォルトを借りています。研吾のデフォルトは、少し長めのシャギーに当たった気がして、研一に被せてみました。研一に当てても襟足からそこそこ垂れるところを見ると、やはり長めだったのでしょう。小ぶりにまとまっている渚のウィッグを当てて、二人の髪型がほぼそろいました。

どこか緊張感の漂う二人。
knkz-4.jpg
「さっきのHR、議事堂見学のグループ決め、どうして同じグループに入らなかったんだよ」
「なんとなく。研一のところ、すぐにいっぱいになったから」

knkz-5.jpg
「ちゃんと研吾の分は空けてあったぞ?そっちが勝手に別のグループに行ったんじゃないか」
「いいじゃないか、たまに別行動したってさ」

共鳴率が高いがゆえに、ささいなずれが大きな不協和音に響いてしまう。

knkz-6.jpg
「…研吾?だれかになにかいわれたのか?」
ちがう、研吾は、ぼくから離れたくてあっちに行ったんだ。

knkz-7.jpg
「そんなんじゃないから」
研一は、勘付いている。ぼくがあの時わざと別のグループに行ったことに。


knkz-8.jpg
「ごめん、イチ。なんとなく、気まぐれで」
「ああ」

knkz-9.jpg
わかってるよ、研一が怖れていることも。
わかっている、研吾に悟られていることは。

knkz-10.jpg
「大丈夫か?」
「大丈夫」
ぼくらは双子だから。
離れて生きることなどできはしないのだから。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Boys
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-14 (Sun)
宗介(DZ/Ray)のお誕生記念、2日目。

ss-38.jpg
冷たい時雨をたっぷりと含んだ鈍色の雲が低く垂れこめる日が2日も続くと、“彼”がやって来る。

“冬”だ。

ss-39.jpg
「よお。今年は夏のヤツがあんまり居座るから、秋の巻き添え食らってオレも干されちまうかと按じてたが、ちゃあんと季節は巡ってくるんだな。今年は上物をそろえてきたぜ。きっと気に入る品があるだろうさ。さっそく商談といこうか」
“冬”はいつも小ぶりの鞄ひとつをたずさえて現れ、私が断るいとまも与えずに品物を拡げてしまうのだ。


ss-40.jpg
「まずは冬の定番、マフラーだ。あ?そんなもの売るほどある?これをどこにでもあるマフラーと同じと思ってもらっちゃ困るね。こいつは貧しくて絵しか取り柄のなかった少年が、不幸に不幸を重ね、いまわの際にやっと見たくて見たくてたまらなかったルーベンスの絵を見て愛犬と息を引き取った時に巻いていた物なんだぜ?」

ss-41.jpg
「なら、娘さんにこのりんごはどうだ?継母の嫉妬という毒がたっぷり盛られてる。運良く王子様が通りかかれば一生お城暮らしだ。運良く、な。おっと王子はオプション外だぜ?ならかぼちゃの馬車かガラスの靴がいい?あれは商売違いだ、かぼちゃは夏の食べ物だろう?互いの領分は侵さない、これだけは鉄則なんだ」

ss-42.jpg
「もっと幸せなものがいい?ならクリスマスだな。ずい分小さいって?そりゃそうだ。これはクリスマスの晩にひとりで天に召されるための死神のブローチなんだから。いちばん幸せな死に方だと思うがね」

ss-43.jpg
「あんたも存外ぜいたくだな。けど、これだけは買ってもらわなきゃ困るぜ?もっとも、困るのはオレじゃなくてあんただが。来年の手帳?オレに“新年”の商売を手伝う義理なんてあるわけないだろ?こいつはあんたの今年一年の悪行が記録されているアルバムだ。ここで買い損なうと、歳末セールに出されてだれに買い叩かれるかわかりゃしない。どうする?買うか?それとも有料で処分してやってもいいぜ?買い取って反省の種とするか、きれいさっぱり忘れちまって今年を終わらせるか、好きなほうを選ぶんだな」

ss-44.jpg
こうして要りもしないものを必ずひとつは売りつけて、“冬”は次の街へと去ってゆく。

ss-45.jpg
相棒であるはずの鈍色の空を敵のように睨みあげ、南へ南へと。
冬が終わるまで――。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-13 (Sat)
本日宗介(DZ/Ray)の2度目の誕生日です。

今回のプレゼントはモノではなくて、友人の大熊猫さん撮り下ろしショットです。絶チルの兵部見立てで。

ss-byp-1.jpg
カメラも大熊猫さんご持参のもの。

ss-byp-2.jpg
その大きさゆえに、ふだんは開かずの間で眠っている1/4サイズのミニクーパーと。

さすがに簡易スタジオに乗らないので、窓際に持ち出して、自然光の力を借りての撮影になります。
(背景がこんなものしかなくて…。なぜ車に使える背景布を買っておかなかったの?せっかく来てくれたのにごめんねー)

ss-byp-3.jpg
新車のポスターみたい。

ss-byp-4.jpg
同じ人形を撮っても、アングルは、撮る人によってここまで違ってくるのかと。

わたしでは絶対に撮れないオトナなショットをありがとうございました。

大熊猫さんからは、数時間の滞在でよくぞここまで…というほど、たくさんのデータをいただいているので、これからも少しずつご紹介する予定です。

この後には出しにくい感もありますが、わたしの撮りおろしは明日以降に。

以下、いまさら気づいた多大な勘違いとハプニング、画像なしです。


 

どんどん自立しにくくなっていくので、今日の誕生日を機にワイヤーを仕込みました。

右手から左足、左手から左足にX字に組む方法です。(どこかのドールサイトで拝見して真似したのですが、サイト名を失念しました、すみません、判明したら追記します)

その仕込みのために分解し、長年のわだかまりがやっと解けた謎のパーツが。

宗介にはヘッド内に機能が矛盾するネックパーツがありました。
ヘッドにはSカンが抜けるだけの縦長の穴と、Sカンを止めるための切り込みが元々あるのに、その、穴の狭いすり鉢状のネックパーツをはめてしまうと、Sカンが抜けず、結局下からパーツをはずしていかなければヘッドとボディを分離できません。しかも、狭いヘッド内部でネックパーツの収まりが悪くて幅を取り、しっぽのあるアイをはめるとSカンにぶつかって目線が定まらず、アイにも不自由していました。

どうにもじゃまなので、いっそ外してしまうか、ルツのネックパーツに取り替えるかと考えながら、分解されたボディを見てふと…。

これ、腰の上部パーツなんじゃ…?

合わせてみるとぴたりとはまりました。

TFもそうですが、たいがい二分割ボディの腰パーツには、組み立ててしまうと胸パーツの中に入って見えなくなる、山の頂上を少し削ったような形のパーツが接着されていますよね?

あれだったんです。

たぶん、最初に自メイクしようと分解した時にメーカーの接着が甘くて外れてしまったのでしょう。(よく見たらほんの少しだけ接着剤の跡がありました。これじゃあ外れても…)
その後ボディはばらならなままメイクを50回ぐらいリテイクしている間にどこのパーツかわからなくなって、ヘッド内のネックパーツと勘違いしたままずっと過ごしてきたのでした。

どうりでどんどん自立ができなくなるわけです。
すぐに胸が反り返ってしまって、上から目線のポーズでしか止まらないし。
本来接着されている腰の上部パーツは、テンションゴム2束分が抜ける程度の大きさの穴しか開いていません。
これは首から下りてくるテンションゴムを中心に集めて背骨の役割を果たさせるためで、それが首からすぐに左右に拡がってしまったら、体幹が弱くなります。
それに、パーツが欠けている分、胸と腰の接続が甘くなって、ずれやすくなるのも当然です。

というわけで、先日買ったロックタイトで接着し、かつワイヤーを仕込んで組み直してみたら、すっくと立ちました。ヘッド内部もすっきり。

2年目の誕生日にして、ようやくあるべき姿に戻った宗介なのでした。


そして最後にハプニング。
ボディを正しく繋いでSカンをヘッドに引きあげる時に、引きあげ用のフックがぽんと外れ、反動で拳を唇にぶつけて、しばらく出血が止まりませんでした。

宗介からの怒りの一発だったのかもなあ…などと。

お迎え前の情報集めで、自立が良くてポージングも自在って聞いたのに、なんでこんなにぐだぐだなの?と、八つ当たりな苛立ちも感じてたの、全部自分の勘違いでした。ごめんね、バカなマスターで。

Return

* Category : 05 DZ Ray(宗介)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-08 (Mon)
先月矢も盾も堪らずお迎えしてしまったカスタムハウスのLJユニークHadesのカテゴリーを追加しました。
とうとうドールナンバーが22番まで…。サッカーの試合ができてしまいますわ。
ry-13.jpg

到着前に名前はリュウでほぼ決まっていて、他に候補も浮かばなかったので、そのまま本決まりに。

*****DETA******************************************

CUSTOM HOUSE Little Junior Hades Unique ホワイトスキン
   メイク: カスタム By Heavy-Bomb
   ア イ: デフォルト
   ボディ: Boy
   お迎え: 10年10月29日
   名 前: リュウ

***************************************************

少し間が空きましたが、命名の由来を少々。例によってヲタク的発想であります。

ハデスから連想されるイメージの記憶をたぐっていて、少し前に主演の少年俳優目当てで見ていたドラマ「探偵学園Q」で、主人公のライバルの少年が、実は探偵学園の宿敵、冥王ハデスの孫という設定だったなあと。
彼の名前がリュウと言いました。

リュウは日本人ぽい名前なので、他候補を探して「ハデス」で検索をかけてみるも、本家ギリシア神話のほかは、エジプト系カードゲーム漫画とか、イケメンライダー系とか、馴染みのない作品のキャラクターばかりで、星座が戦闘衣な漫画までさかのぼるのも行き過ぎな…と、二次候補も出ず。

名前をもらっただけで、原作漫画の絵とも、リュウを演じていた少年(某事務所のジュニアくんではありましたが…どちらかといえば彼はMars顔?)とも似てはいません。あくまで、言葉遊び的な連想が結びついただけです。


以下、ウィッグチェンジをお試しした画像がえんえんと…。
ユニーク(ワンオフ)は、ウィッグ・アイともイメージがデフォルトであってこそ魅力も最大限、チェンジは望ましくないかと危ぶみつつ、ウィッグになんとなく経年感があるのと、新しいタイプの子に舞いあがって、いろいろ試してみました。

TFには小さすぎたリケのDサイズ、LR-040。夏の限定、ロイヤルカデットブルー。
ry-5.jpg
グレーアイズなら似合うかと。それにこの色味は肌が白くないと。
…ひょっとして悪魔な執事を抱えている坊ちゃんになれる?

ry-6.jpg
と、アイをカニスのターコイズ16ミリに換える悪乗り。
写真ではけっこうよく写っていますが、肉眼では微妙でした。アイホールが小さくて、16ミリアイはフィットしません。

顔の造形はむしろ眼ではなくて舌に契約印のあるほうの子?(どこまでもヲタクですみません)

もらいものの、リケのDサイズ、おかっぱ金髪。
ry-7.jpg
デフォルトに近い色合いなので、きれいにまとまってます。
長髪にしたくない時はいいかも。

BF製、6~7インチのシャギー、ハニーブロンド。
ry-8.jpg
頬がスッキリしているせいか、ちょっとだけBFのジャスミン似?
火住馬(CH/LJr.Mars)より頭の形に合っている感じ。

…あまりに馴染むのでちょっと哀しくなってしまいました。武琉(MW/Jr.Minoru)用のはずが…。メーカーの推奨しているサイズの子よりフィットするって…。

これでグリーングレイのアイにしたらものすごく雰囲気はいいだろうけど…もう別人?


Teenie gemサイズ(6-6.5インチ)のミックスブラウンのマッシュルーム。透馬(CH/LJr.Mars祈目)のレギュラーウィッグ(予定)。
ry-9.jpg
こんなモデルか女優さんをCMで見たような…。
金髪のおかっぱより毛足は短いのに、こちらのほうが女の子っぽく見えます。
やっぱり透馬(CH/LJr.Mars祈目)向き。

リケのDサイズ、廃盤のミックスシルバー。クレオ(TF Patric Who)のセカンドレギュラー。
ry-10.jpg
似合わなくはないけど、頭頂部が膨らみすぎ。
クレオ(TF Patric Who)向きです。

リケのDサイズ、L-029、ナチュラルブラック。火住馬(CH/LJr.Mars)のレギュラー。
ry-11.jpg
白雪王子?
でも、やっぱり火住馬(CH/LJr.Mars)向き。


セカンドとして使うとしたら、上3つになりそうです。他の子が固定的に使っているウィッグと取り合いにはならずに済みました。

Return

* Category : 22 CH LJr. Hades(リュウ)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-05 (Fri)
前のカメラで撮ったデータが残っていたので、加工し直しました。
ao-63.jpg
プーリップの薔薇乙女の鞄。あくまで飾り用で、SD薔薇乙女を入れると蓋が閉まらなくなりますが、装飾や質感はよく再現されていて、撮影にはちょうどいいサイズです。

SD薔薇乙女マスターなら一度はやりたくなる、鞄で眠る薔薇乙女の図。
ao-60.jpg
漫画絵では、蒼星石のハットは外してあったはず。

ao-61.jpg
眼を隠して撮るためにはハットを被せたほうが楽ではあります。
球体関節人形の寝かせ方として、この姿勢はまずありえないわけですが、まっすぐに寝ている姿より、鞄を開けた時にドキリとするのはなぜなんでしょうね?

ao-62.jpg
鞄の中に人形を閉じ込めると、妙な独占欲をかきたてられて、このまま連れ去りたい衝動に駆られます。
ウチの子なのに。

続きは、ちょっと昔語り、画像なしです。

この写真は、以前別のブログでアップしていたものの一部です。

蒼星石をもらってしばらくは、鞄だ、ティーセットだと小物を集めてみるはものの、ただ青いビロウドの椅子に座らせて、抱きあげたりする程度でした。

とにかくわたしはカメラが苦手だったのです、撮られるのも撮るのも。
いまでも得意とは言えません。どちらかといえば、ストーリーを語る能力のほうがまだ若干マシなのではと。

それが半年ぐらい経ち、急にストーリー性のある写真を撮りたいとみなぎって、とりつかれたように撮ったのがこの写真でした。

改めて見ると、ピントは甘いわ、カラーバランスはめちゃくちゃだわ、背景は汚いわ…。
よくこんな写真を人前に晒して平気だったなと、かつての自分に冷や汗ものです。怖いもの知らずとはこのことです。

この時が人形を写真に撮る面白さに目覚めたスタートラインで、記念碑ではあります。

Return

* Category : 01 SD 蒼星石
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

タイトル * by ラン子
喜んでいただけてよかったです。
この絵は、条件が整っていれば絶対にやりたくなりますよね。
ローゼンメイデンは、わたしは深夜アニメから入って、後から漫画を追いかけました。ストーリー、まだ完結してな…

蒼星石はわたしのカメラとの距離を変えた子です。今使っている2代目のカメラは、人形の写真を撮ることを主目的に選んだほどです。
そしていまデジイチに惹かれています。扱いきれないから気持ちを抑えていますが。

タイトル * by komo
これです!このかばんに眠る人形の図!
あこがれます―**
ここからどんな物語が始まるんだろうと想像を掻き立てられる姿です。
あぁ、なんてステキ・・
実はローゼンメイデン、内容はよく知らないんですよねーww
絵柄が好みで、ぱらぱらめくったりして最初のほうしか読んでないのでストーリーはよくわからないという・・
でも双子の蒼星石、翠星石は大好きです。色違いの瞳とかジョウロやハサミの小物にもあこがれました。

人形持った最初からあのストーリー性のある写真を撮られてたわけじゃないんですねー
あの素敵なお話を読むことができるのも蒼星石のおかげということですね。感謝しなくちゃ♪
私もカメラは旅行専用になっていたのが、今ではほぼドール専用になりつつありますww

個別記事の管理2010-11-03 (Wed)
SD蒼星石、誕生日記念撮影2日目。

ao-55.jpg
瑠璃色の空からかおりて来た小鳥が指先に止まった。

ao-56.jpg
「おいで」

ao-58.jpg
驚かさないように、そっと静かに引き寄せる。

ao-59.jpg
「キミは幸せを呼ぶ青い鳥じゃないの?」

蒼星石と同じカラーリングのルリビタキかオオルリのミニチュアが欲しいのですが、いまだに出会いがありません。
青い鳥は探すといないものです。
* Category : 01 SD 蒼星石
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

タイトル * by ラン子
SD真紅と水銀燈は、いまだ人気が落ちないですよね。
こんなに40センチ以下を増やすのなら、なぜ双子の翠星石と巡り合わせてあげないのか、と何度も思います。まだチャンスが失われたわけではないですが。

わたしは逆に、「トランクに入ってる人形という図式」があったから「ローゼンメイデン」にはまりました。子どものころに読んだ江戸川乱歩「黒蜥蜴」に、宝石商のお嬢さまを眠らせて、トランクに詰めて運び出す場面があり、それが強烈に印象に残っていたのです。

というわけで、古い画像ですが鞄に眠る蒼星石の図をアップしましたので、お楽しみくださいませ。

タイトル * by komo
SDの薔薇乙女シリーズは私のあこがれです。
私が一番最初に人形が欲しいと思ったのはSDの真紅がきっかけでしたね。
当時はとても手がだせる金額じゃないな、と思って諦めたのですが今でもオークションでみつけるとつい見入ってしまいますね。
トランクに入ってる人形という図式が好きなのはきっとこの子たちの影響だろうな、と思います。
蒼星石は色違いの瞳、落ち着いたなかにフリルやレースの可憐さを備えた服などやっぱり今でもあこがれます。

個別記事の管理2010-11-02 (Tue)
ao-51.jpg
わたしの誕生日(出会いは1日違いでしたが)にやってきた薔薇乙女第四ドール、蒼星石。

ao-52.jpg
3年経っても綺麗です。
3年経ってもうまく撮れないのも換わらずでごめんよう。

ao-53.jpg

この背景布は夢の庭師の薔薇園のイメージにならないかと思って注文したのですが…。
影が出ると…うーん。

ao-54.jpg
今度こそ鋏を使ったアクティブなカットを目指したのですが、ちょうどいい捕助器具がなく。
変わりばえのしないカットになりました。

明日に続きます。
* Category : 01 SD 蒼星石
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。