FC2ブログ
10≪ 2011/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-11-21 (Mon)
歩(TF Robin)とクエリー(SF Pauls Case)。
qay-1.jpg

ロビンヘッドはSFヘッドと、ミノルJr.ボディとTFのジェントルボディは相性が良さそうだなと。


……決まり過ぎました。

qay-2.jpg
ギャップ萌えの血が沸騰。

歩にロングの詰襟を着せたので、悪魔や妖怪が跋扈して、退魔師やエクソシストが活躍するダークファンタジーのキャラっぽくなりました。

妖怪のハーフだったり、異界に属する存在ながら異端児で、見た目と実年齢がイコールではない少女と、行動基準が小さな主人にのみ起因し帰結する、病的なまでに忠実な従者……。

妄想が止まらなくなりました。

以下、妄想の赴くままに撮影したカットです。
ごく部分ですが、化け物の触手も写っています。

qay-3.jpg
「!」
「お下がりください、クエリーさま」

qay-4.jpg
「かまうな。妾が片付ける」
「クエリーさま」

qay-5.jpg
「ふん。低級な化け物を寄越しおって」

qay-6.jpg
「砕け散るがよい」
…ミギャー!!!

qay-7.jpg
「クエリーさま。あのような者どもは私にお任せくだされば…」
「つまらぬのう。暇つぶしにもならかったではないか」

Return

スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF & OtherDolls
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-11-15 (Tue)
先日の予告どおり新しい子のお披露目です。
q-4.jpg
SFのポール。
少し前の限定「Pauls Case(探偵)」のヘッドのみを、縁あってお迎えしました。

q-3.jpg
とうとうSFに手を出し…いえ、完全には出し切れず……ボディはミノルJr.のブロッサム。
現在は雅(MW Jr.Leira)のものを借りています。Pauls Caseは白肌なのですが、雅は薔薇肌ながら白肌にかなり近いので、色差はまったく感じられません。

SFポールをJr.ボディにつないで女の子にする計画は、ホワイトチョイスの申込時にやりかけて、決心しきれなかった計画でした。

見送った時点で完全にあきらめたつもりで、どこかに心が残っていて、Pauls Caseのヘッドに出会うチャンスが巡ってきたら二度目は抗えなったのです。(こんなことならホワイトオプションでJr.ボディだけ申し込んでおくのだった…しかし出会ったのは〆切後だったので)

q-5.jpg
白肌で長い黒髪の子にしてみたくて、いろいろ探しました。
イメージに合ったのは、ゼファーのSSサイズ、ロングウェーブ。キャップはほぼぴったりです。
アイはデフォルト。

q-6.jpg
小柄で黒髪白肌の美少女にロリータファッションをさせるとしぜん熊のぬいぐるみに囲ませてみたくなり。
家中の熊をかき集めてみたらそこそこあって…記念品などで意外ともらっているものですね。

少年探偵として見ていた時は、どこかぽやっとしていて、探偵としては頼るより、こっちが手助けしてあげなくちゃいけない気にさせられるイメージでしたが、SFより大人びたJr.ボディにつないだせいか、世の中が見えすぎて老成している美少女になりました。

q-8.jpg
虚無的で人嫌いで口が悪くて人使いの荒い偏食小柄美少女。
このごろこういうタイプの少女探偵(職業に限らず、物語上の役割として)を立て続けに見て…影響されたのでしょう。
そもそもポールを少女にしてJr.ボディにつないでみたいと考えていたのが、小説用に新しい少女探偵のモデルを探していた時だったので。

q-7.jpg
名前も、探偵のイメージを残したものになりました。

命名 クエリー(query)

質問・疑問の少し改まった言い方です。IT言語として使われるので、むしろそちらで親しんでいる言葉でしょうか。

*****DETA****************************************

SF Paul (ホワイトスキン、Pauls Case)
   メイク: デフォルト
   ボディ: ミノルJr.ブロッサム
   お迎え: 11年8月2日
   名 前: クエリー

*************************************************
* Category : 24 SF Pauls Case(クエリー)
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

komoさま * by 江川ラン子
おお、そちらにもSFヘッド+Jr.ボディの白肌ちゃんが!
お披露目楽しみにしています。どの子かなー?

>強気なような今にも泣きだしそうな不思議な顔
まったくその通りで、公式の写真ではそうは思えないのに、いろいろな表情を持っている子だなあと撮ってみて感心しました。

名前は、頭文字を「Q」にしたくて検索しまくりました。ポールの「P」で「ポアロ」をもじってよかったのかな?と、後から。

ミノルJr.は等身の高さが独特で、ヌードの時と服を着せた時とで印象が違うのが魅力的で、わたしもTFと同様に大好きです。

服は…ミノル製以外では、ドールモアで扱っているナーシャという人形の服がいちばん互換性が高いと思っています。
TFに比べると点数が少ないので、これからも情報共有していければいいですね。

No title * by komo
SFヘッドにJrボディ、他のブログさんで見て意外といけるんだなと思ったのが運のつきで・・
実は私はホワイトオプションでその組み合わせを注文してしまいました。(ヘッドは違いますが・・)

ポールのちょっとへの字になったお口は強気なような今にも泣きだしそうな不思議な顔に見えて、女の子になったら絶対可愛い子になるとは思ってましたがこんなに似合うとは・・
Jrボディのすらりと伸びた手足が好きなので、このヘッドとボディのバランスはすごくきれいだなと思いました。

黒髪に白肌の美少女、大人っぽいようなあどけないような妖しい美しさを感じます。
クエリーという名前もその美しさにあった名前だなと思いました。
Jrは服難民ということを除けば、小さめで持ち運びしやすく、TFに似たきれいな体型でTFより好きだなーと思っています。
ただ、服が・・・

個別記事の管理2011-11-11 (Fri)
リンク先のブログで、漢字の多い名前は変換が大変というようなことを書いておられたので。

q-1.jpg

ドールの命名は楽しくもあり悩ましくもありますが、更新のたびに変換に煩わされるのもいささか億劫ではあります。
ウチにも火住馬や透馬、一発変換できない名前の子がいて、いちいち「ひ → 火 →すむ→ 住む →「む」消す → うま →馬」とキーを打っていると、タイプミスを誘発します。

ゆえにわたしは、ドールの名前をすべてPCの辞書ツールに登録しています。
(OSがウィンドウズ、変換ツールはIMEパッドを使っています)

ちょくちょくアウトフィットも変え、デフォルトのアイとウィッグを使わないことも多いので、各記事の冒頭には、「オスカー(TF Louis白ST)」の形で、必ず「自分の命名(ヘッドタイプ、バージョンなど)」を示すように心がけていて、こちらもすべて登録しています。

辞書ツールを開くと、

しほ → 紫帆(TF May)
しほ → 紫帆

とどちらにも呼び出せるようにしてあります。

自分が見る側になった時、正直、オーナーさんがオリジナルでつけた名前だけではドールタイプが判別できないことも多いので…。

この写真の子は、わたしにしては珍しく命名が決まらずに秘蔵っ子になっていました。
(いままでは、来るまでに決まっていたか、来た日にさくっと決めてしまうかだったので)

仮に被せたウィッグもいまいちイメージに合わず…。
服装からしてずい分前からいたとモロバレで…。
なにも冬の気配の訪れた今日に出さなくても…。

q-2.jpg
そういう引け目があると、無言で怒られているように思えてきます。

でも近々正式お披露目できそうです。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-11-05 (Sat)
knyo-1.jpg
陽(TF Jerome)と研一(TF Louis)はよくつるませていた気がしたのですが、二人だけをクローズアップした話はあまり書いていませんでした。

JeromoとLouisは、個人的にイメージの膨らみやすい組み合わせです。

白肌で同じヘッドの組み合わせ、アルフレド(TF Jerome白SP)とオスカー(TF Louis白ST)は魂の双子、対して、陽と研一は、反発しながら惹かれあう親友というイメージが強いです。

knyo-2.jpg
この撮影時は、ウィッグや服装もそうしたイメージでセレクトしました。
横ハネの目立つ赤毛のシャギーとターコイズブルーの瞳で、人の目も気にせず突拍子もないことをやってのける強さを、緑がかった長めの前下がりの髪型とグレーの瞳で、心に言葉を抱いている時ほど寡黙になる内向的で頑固な性格を表現したつもりです。

わたしのブログでは、人形の性格や人間関係等を全記事を通じて徹底させてはおらず、更新のつど、物語のイメージに合わせてアウトフィットを変えています。
こうした「演出」は、漫画やアニメのキャラクター設定をしているみたいで楽しいです。
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : TF Boys
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。