FC2ブログ
11≪ 2012/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-12-30 (Sun)
今年の新人、TF Sarang Boyで1年の締めくくりを。

jt-4.jpg
ナナシのまま年を越すのは可哀想なので、名前だけでもお披露目。

 條太朗(じょうたろう)

になりました。
このブログで日本名がついている子は、母音数の少ない子が多いので、たまには逆を行ってみました。

あまり頻繁に更新のできない1年でしたが、ご来訪いただいた方々に心より感謝を申しあげます。
来年はもうひとつのブログとの配分も考え直して、更新が回復するようにしたいです。
スポンサーサイト
Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 25 TF Sarang(條太朗)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-12-24 (Mon)
クリスマスイブなので、くるみ割り人形を。
oph-53.jpg
昨年のクリスマスもオフィーリア(TF Sarang白眠目)でした。
幸せそうな表情がクリスマスに合います。くるみ割り人形は、もうひとつのブログで掲載しているアゾンのあおと。

oph-54.jpg
「くるみ割り人形」では、あまり可愛くなくて壊されそうになるのですが、まあそこはそれで。

oph-55.jpg

oph-56.jpg

oph-57.jpg

oph-58.jpg

oph-59.jpg

oph-60.jpg

oph-61.jpg

*********
もうひとつのブログでも同じ話を書いていますが。

nutc-1.jpg
子どものころに見た人形劇のくるみ割り人形。
パンフレットをまだとってありました。
改めて見てみると、セットは細かいし、キャスティング(声優)が驚くほど豪華です。制作がサンリオなせいか、当時の人形としては、造形がややアニメに近くて、主人公のクララはいま見てもとても可愛らしい。

パンフレットが残っているということは、映画館で見たはずですが、その後テレビで放送したものも見ているのか、祖母の家のテレビで見た記憶と、映画館に入っていったら真っ暗な場面(クララが夢の中でハツカネズミを追いかけて不思議な街をさまよう場面)で、恐怖映画かと思ってびびった記憶とがごちゃごちゃになっています。その場面は冒頭ではないので、泣くほどお化けが苦手だった幼いわたしに、暗い場面だけが強烈に残って記憶がすりかえられているのか、上映時間に遅れて入ったのか、不確かです。

 しかし、いちばん印象に残っているのは、途中で実写のバレエシーンが入ること。パンフレットを見ると、当時日本最高峰プリマ森下洋子さんの演技なのですが、お芝居は好きだけど歌舞音曲はさほどでなく、元がバレエ作品であるという知識もなかった幼いわたしには、画面の切り替えが理解できず、あらすじを読むとかなり面白いのに、いまだに「途中でバレエになる人形劇」という第一印象が拭えずにいます。

 探してみたら、DVDがあったので、取り寄せました。これから見ます。


※お詫び※
もうひとつのブログに掲載するつもりで、あおとの記事がこちらに間違って投稿されてしまいました。
拍手をいただいた方、せっかくいただいたのに、削除にすることになってすみませんでした。

Return

Theme : ドール * Genre : 趣味・実用 * Category : 10 TF Sarang眠白(オフィーリア)
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-12-06 (Thu)
今年はキャストドールのお迎えがないまま年を越し……越せるわけもなく。
14th-2.jpg
くりくりした瞳のの男の子が欲しくて、半年以上悩み、サランをボーイメイク、ボーイボディ、4th制服のチョイスでお迎えしました。ウィッグは別注文でBoy Cutのエスプレッソを。
いっしょにと目論んでいた握り手ハンドパーツはすでに売り切れ。
どうせいつかお迎えするつもりだったのなら、ハンドパーツが出た時点で飛ぶべきでした。

箱を開けると鼻腔を刺激するキャストの匂いも久しぶり。
新しい形の化粧箱も幅広お布団も初めてお目にかかりました。

14th-1.jpg
ボディをジェントルにするかもさんざんに迷って翌朝寝不足に。決断が遅いのはとかく損な気質です。

14th-3.jpg
サイドグラインドにアイをはめたせいもあって、まだ一つの角度でしか表情をつかめていません。

名前も固まりつつありますが、詳細はまた後ほど。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

komoさま * by 江川ラン子
お返事大変遅くなりましてすみません。ようやく落ち着きました。

> お迎えは何度経験しても箱を開ける瞬間のドキドキがたまりません。
ほんとうにその通りですね。あまり久しぶりだったので、お人形より、まず箱の違いに目が行ってしまいました。
くりくりっとした眼の男の子がほしくなったのは、えっくす☆きゅーとの影響みたいです。

タイトル * by komo
お迎えは何度経験しても箱を開ける瞬間のドキドキがたまりません。
どんなお顔の子が来たのだろうか、と胸が高鳴ります。
久々のお迎えはこんなかわいらしい男の子でしたか(^^)
瞳が大きくて、幼い顔立ちがみんなの弟といった雰囲気ですね。
お名前のお披露目、楽しみです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。